豊川稲荷のまち訪問記

この土日は、仕事の関係で愛知県豊川市へ出張。(Yさん、時間がなくて連絡できなくてゴメン)
東京の豊川稲荷の本家(この表現は正しくないのだが、分かりやすくいうとこう)がある。豊川稲荷は、鳥居もあるが神社ではなくお寺。明治の廃仏毀釈以前の信仰の形が残る面白い仏閣だ。本堂は、年季の入った立派な木造建築物。

稲荷寿司その、門前町の商店街の方たちとお知り合いになったのだが、皆さん明るい、いい人ばか「くつかいただいた。 写真は、和食のお店のおかみさんが作った稲荷寿司の数々。何といっても右下の味噌カツ稲荷、カツにかかったソースが少し濃いが、挟まった大葉が効いて思いの外あっさり。

上の茶色の塊は自然薯の漬物、これがうまい。これをいれたのが上段右から2つ目の稲荷。残念ながらその他は食べられなかった。

稲荷でシュー商店街のお菓子屋さん轤ヘ、めちゃくちゃいわれながら日々商品の改良と開発に努力中とのこと。がんばっていただきたい。

私からも一言、味が完全にシュークリームなのだから、皮は乾いたタイプの方が良いような気が…。

招き狐
最後に、仏具神具のお店で売っていた小さな招き狐。さすが、お稲荷さんの町、招き猫もネコじゃなくてキツネだった。
これはちょっと面白い。(後ろの二つは沖縄みやげの阿吽のシーサー)

豊川市、ほのぼのとして、少し懐かしい町だった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中