P.アルテ「カーテンの陰の死」読了

カーテンの陰の
少し前に読み終えていたのだが、タイミングが悪くて…。

翻訳は、これで4作目。ツイスト博士シリーズの3作目となる「カーテンの陰の死」(ハヤカワ・ミステリ)。

この人の作品は、どれも古典作品のような味わいを持った本格ミステリー。どう考えても外から進入できない環境で殺人が起こる、いわゆる密室もの。
そのうえ、過去にも同じような事件が同じ場所で起こっていた?

前半から中盤にかけて、速度があがらずテンポが悪い印象あったのだが、冷静になってみると、別の本を手にして集中力を欠いたせいだと思われる。
後半から、最終局面に向けては一気にたたみかけるように読める。おおっと、そう来たか!(細かなことは、物語の性格上書けないぞ)

そういう風に読まないと、かえって中途半端な感じになるんじゃないだろうか?(あくまで個人的な感じ)

次回は、高知出張記の予定!カツオのたたきはうまかったのか

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中