印象派、綺麗だけどねぇ?

土曜日にたまたま招待券をいただいていたBunkamura the Musium「渋谷で出会うボーラ美術館の印象派コレクション展」へ。

ルノワール、ドガ、モネなどおなじみの印象派の巨匠たちの作品を見ることができた、展示の流れは画家ごとにまとめられ、概ね時間軸にそった展示。
印象派は、やはり人気で、午前中というのにけっこう人が入っている。でも絵や色は綺麗なんだけどねぇ、やっぱり印象派、インパクトがない。本当に印象なんだな。

スーラ、シニャックの点描ははっきり言って嫌いだ。どうもちまちましていて好きになれない。

ゴッホ、ゴーガン、ロートレックも少しだけど展示。
好みからいえば、セザンヌだな。一番は好きなのはオディロン・ルドン「日本風の花瓶」。

文句なしに綺麗である。これは事実!
でも印象派って、やっぱり印象派なんだなと実感。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中