「メール問題」の変?

国会がメール問題で揺れている。
メールの真偽は確かに問題だし、そんないい加減なネタで国会の予算委員会で質問をしたのもどうなんだという感じもする。
それに、金銭の授受の真偽も明らかにするべきではないかという気もする。
でも、ネタ元が怪しいフリー記者らしいので、最終的に金銭授受についてはうやむやになるんだろうな…。

どうでもいいことで大騒ぎ。国会空転、永田議員どうする?となるわけだ。
となると、こちらはいい加減の虫が騒ぐ事になる。

この問題の通称「メール問題」って、夫婦間や恋人同士での「やばいメール」があった、なかったとか?見たとか見ないとか、他人にとってはかなり下世話な興味をかき立てる、いかがわしい響きがある(それは私だけか 笑)。

外国の人たちは、この「メール問題」で国会が空転などと聞くと、大臣かなんかの浮気スキャンダルで政界が揺れているなどと勘違いしないのだろうか?

そろそろ、この「メール問題」けじめをつけて、終わりにしたほうがいいと思う(実は、そのけじめが一番ややこしい)。永田議員の緊急入院もちょっとよろしくない、お笑いな対応だった(おいおい、じじい議員じゃないんだから)。
結局、自民党の高笑いで決着だな。(民主党がんばってね。)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中