本年第3回釣行

 昨日、やらねばならないことも多いのだが、ストレス解消の意味もあって、第3回釣行を決行。

 場所は、同行のMT君と検討の結果、初めての「フ○ック」へ。7時前に出発するも道路事情により10時過ぎに到着。 何となく、雰囲気は良さげ…、我々で7人目とのこと(ちょっとうっしっしな感じ)。急がず焦らず、ゆっくりと準備する。川をのぞくとかなり水が少ない(悪い予感)。

 準備を終えて、駐車場前から入る。広い浅瀬で先行者がランディング中。お〜釣れとるね、とMT君と私の期待は高まる。

 とりあえず、先行者がいるので、下流へ移動しようとするとすぐにかなり高い堰堤。下を除くとまたまた先行者。じゃあ、最下流へと移動する。その間のも2つの堰堤、それぞれ先行者あり。

  最下流も堰堤。その下は「丹○ホ○ム」、そこの広ーい河原から始める。道路下のプールに魚影を発見。 ドライを流すもまったく相手にされず。あきらめて遡行開始、ひらきが終わると落差のある岩場、そして最後は堰堤。岩場も流れに沿って木があり、こちらのキャスティング技術では、釣っている時間よりもフライ回収やら、ティペット交換やらの時間が長くなりそうなので、とびとびで遡行。

 さらに、遡行。堰堤の上へ、そこの流れの角でMT君、緩やかな流れに口を使うヤマメ発見。執拗に目の前を流す。なんとかフライをくわえたものの早合わせ。二人であ〜〜! その後、次の堰堤まで行き、堰堤下でMT君がニンフを入れる。すぐにニジマスをゲット。

 午後二時頃、遅めの昼食にする。昼食後は最上流へ入ろうとするも先行者あり、朝一番の駐車場前へもどる。 この場所川原は広いが、流れはほとんどない。いつの間にか、MT君と離れる。川原の端の細い流れにヤマメを発見。執拗にドライを流すと、反転してくわえてくれるも、流れの上にある木の枝にロッドをあてて、ラインにテンションをかけられないまま、フッキングできず。残念!

 その後もその近くの浅い瀬にチャレンジ、一度フライを加えに来てくれたのに、早合わせ。これまた残念。

 その後、雨が降り始める。MT君と再会後、再び最下流のプールへ移動。ドライでチャレンジ、雨は少し強くなったり、弱くなったり。でもさっぱり。 MT君、ニンフでヤマメをゲット?、その後も沈めて2尾?追加。こちらも昨年養○で回収(拾った)した古いビーズヘッドを投げてみるが、さっぱり思ったように投げられず。全部木の枝に…。向いてない。

 5時半にストップフィッシング。なかなか厳しい結果に終わるも昼食前までは天気も良く、ぽかぽかと暖かく気持ちよく、ノーフィッシュながら楽しめた。

 この釣り場、堰堤が多くて釣り場が分断されるし、川へのアクセスもしづらい気がする。雰囲気は良いのだが…。 帰りの峠から見える夜景はきれいだった。 デジカメを忘れていたのだが、必要なかったようだ(笑)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中