101枚目の紙ジャケット

Sunset Wading 前回のNational Healthの3rd.でついに紙ジャケが100枚となった。このJohn G Peryの”Sunset Wading“も同じシリーズの1枚。
フメンバーとカンタベリーな人たちとなっている。

 サウンドは、それほど突っ走るカンタベリー系のジャズ・ロックではない、かなり穏やかだが、洗練された染込む系。ところどころ、テクニックは冴える。イギリスの自然をテーマにした音づくりがされている。1976年の作品ではあるが、プロデューサーの力か古くさい感じがしない。20数年前に確かキング・レコードからアナログ盤が出ていたが、ちょっと侮っていたかも…。
 
 プロデューサーの力を感じる一枚。次は、ヤフオクで落札のXTC”Wonderland”の7inchアナログ盤?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中