札掛丹○ホーム釣行記

 連日のハードスケジュールから無理は禁物と午後スタートで丹○ホームへ。
 同行はフライな皆様倶楽部のKK君、MT君。MT君と私は丹○ホーム初体験。

Tanzawa Home  我が家を午前9時に出発。MT君邸で車をチェンジして昼過ぎに丹○ホームへ。天気は午前中の快晴から少し雲が増えてきた。その上冷たい風が吹いている。
 私は4番のショートロッド、後の二人は軽い番手のロッドでスタート。最下流でスタートするも二人は風に苦戦。上流へ移動していく。

 こちらも最初のポイントで、エルクヘアカディスにちょっとだけ反応してくれる。前回のフ○ックよりもドライに反応がある。
 前後に人がいるため移動できず、そのまま最初のポイントで粘らざるを得ない。2回早合わせかフッキング失敗(残念)!

 少し上流の開けた瀬でチャレンジ。流れの端にイワナを発見。見にきてくれるがくわえるまでに至らず、フライをパラシュート系に交換。出た、イワナらしいイワナ。
 やかった、ボウズでなくて…。

 その後、どのポイントも人がいる為大きくパス。上流の岩場でKK君発見。まずまずの様子。ちょっと休んでさらに上流へ。

 上流は岩場の続く、渓流らしい渓流。ストーキングを意識しながらいくつかの落ち込みを攻める。ここで、イワナを追加。けっこう方のいいイワナだったが、寄せるのに苦労して両手を濡らして、写真撮影ならず。

 国民宿舎丹○ホーム下の堰堤まで移動。堰堤したの小堰堤下の落ち込みで、イワナをゲット。コイツはカメラを出した途端フックを外して逃走。またも写真撮影ならず。

 堰堤を越えてさらに上流へ。ここぞと思う岩場へそ〜っと接近、岩の後ろからキャスティング。とたん!エルクヘアカディスに猛烈な反応。この日一番ナットクの1尾。

 その後最上流の堰堤まで行く。釣果無し。ここで終了のつもりで下り始めると、堰堤上の広場所(緩やかな流れで管釣りっぽい)でライズを発見。
 CDCカディスを投げる。一投目でヒット。なんとニジマス。

 本日はこれでストップフィッシング。管釣りながら久しぶりの釣りに満足。

 MT君は人が多くてちょっと戦意喪失気味で終了。KK君は反応よしとまずまずのなっとく加減。帰りの伊勢原でラーメンを食べて帰宅。

 ぼちぼちドライへの反応も良くなってきている、次回の釣行が楽しみだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中