POR、ドイツの地に散る

 今朝、意識がもうろうとしているなかでPORの敗戦を確認。
 復活のジズーを中心に結束するFRAの前に、美しいサッカーを捨てたPORがドイツ、ミュンヘンの地に散った。

 この試合、出場停止だったデコも戻り、これまでの試合とは違って攻撃的な展開を目指しているように見えた。 優勝経験のないPORが勝つと面白いと思っていたし、ここまでW杯本大会で勝ち続けてきたフェリポンの魔力もあって、いってしまうのか…とも思った前半33分、不幸にもペナルティ・エリアでボールを受けたアンリの足にR.カルバーリョの足がかかった。

 万事休す、POR。主審はPKスポットを指さしていた。ジズーに決められ、PORの未来が霞んでしまった。

 後半も盛り返そうと積極的に攻撃に出たが、結局FRAのゴールが開くことはなかった。

 やはり、美しいサッカーを捨てたPORにサッカーの神が手を差し伸べるのを拒んだのかも知れない。PORよ、ドイツの地でGERを葬るのか…?! 気が抜けかかったシャンパン・サッカーは、超高決定力カウンター・カテナチオを敗れるのか…? いよいよ残り2試合。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中