2週連続小○川

Kosuge River 土曜日は、先週に引き続き小○川へ釣行。今回は、MT君とS君が同行。ゆっくりとスタートのつもりが、道がやや込んで10時過ぎの到着。
 やっぱり釣れない小○川である。

 先週同様、水位計の上の入渓点からスタート。スタート地点でいきなり先行者があり、その上取り込み中ということで、その人が見えないポイントまでキャンセルして上流へ。
 で、大曲りのプールから本格的にスタートする。やっぱり鱒たちは浮いていないし、反応も無し。

 2人を残して申し訳ないけど少し先行。少し上流の岩場の流芯でヒット、久しぶりに会心の…と思いながらファイト。流れにのって逃れようとする鱒、やばいと思った瞬間、魚の姿を見ぬままにばらし。
 その後も、反応無しでキャンプ場近くの橋の下であがる。

 ちょっと休んで、昨年はじめてきたとき入った役場近く養魚場下の橋のところへ、ぼちぼちはじめようとした途端、おやじ二人組登場。ひとりが無遠慮にも我々のすぐ上流に入ってはじめる。これでは釣り上がれない。最低なやつらだ、せめて見えない場所まで移動しろバカたれ!

 そんなこんなで、里川状態のところをパスして、渓流状態の場所まで移動したのだが、反応薄。
 あきらめてはぐれたMT君が見つけやすいポイント、パラソル堰堤まで戻る。再会、昼飯へ。

 午後は、どうせダメだろうからと駐車スペースで一休み。
 少し、陽がやわらいだ頃、近辺で再開、何となく流れの中で少しずつ反応がある。4時過ぎに駐車スペース前の対岸手前の流れの中でヤマメがヒット。今回はボウズでなくてほっとするが、その後はさっぱり。

 かなり暗くなって金○呂橋下でミッジをゆったりと流してみると、ゆっくりとくわえ込む、やったと思った瞬間、暗くて面倒くさかったのでそのまま使っていたティペットがブレイク、残念。やっぱりラインはチェックしないとイカンなぁ。

 7時過ぎ、MT君・S君が連続でニジマスをキャッチ。MT君が新投入のランタンをつけて見ると、凄まじい勢いで1cmほどのメイフライがよってくる。これを鱒たちは捕食しているのか?

3名ともなんとかボウズを免れて、なんとなく満足な一日。次回は、再来週か?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中