納得のいかないNTTの営業

 3連休の初日の金曜日。ぐて〜っとしていたら、NTT(NTTの本体の人間かどうかは定かではない)の営業がやってきて、うちのマンションに光のコンバータ?だったかのBoxを設置したので、その件で説明するから玄関まで出てくれといって来た。
 元々、私はNTT、Microsoftがとてもとても、親の敵のように嫌いである。その私に対して何のご説明をするのか、ちょっと楽しみにして出ていったのである。

 そのイマダとかいう営業は、胸に下げたNTTグループの名刺を自慢気に示し、ペーパーホルダーに止めた書類を示しながら、2010年に従来のアナログ方式から光方式に完全に移行するとの総務庁の発表があったことをさらりと語り、ついてはオタクのマンションも光が導入されているので、インターネットもやっているなら変えろという。

 「特に問題ないので現状でいく」と応えると、ADSLは中継ぎの技術なので良くないというようなニュアンスのことを話し始める。「でも、それでいいから、変えるつもりはない」とさらに応える。
 やおら、このイマダ氏、熱くなったようで、「本当にいいんですね」とやや強い口調になり、「強制的になるまで変えないんですね」と追い討ちをかけてくる。
 「ああ、そうだよ」と応えると、「じゃ2010年にお願いします」と捨てぜりふを吐いて去っていった。

 この熱くなったイマダ氏はいいのだが、この営業方針に疑問が残った。あの政府・総務省の方針を前提にして話を進めるあたりは、高齢者やネット関連に疎い人にはかなりプレッシャーになるんじゃなかろうか?
 もう少しちゃんとした説明をしたほうがいいと思うぞNTT!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中