U21、がんばったけどね…

 昨晩のU21日韓交流戦第一戦、ソウルでのアウエー・ゲーム。結果は、1-1のドロー。
 韓国は、実力者がずら〜と並ぶ好チーム。こちらは、このチームでは初先発のメンバー多数、しかし、それはいい訳にはならない。
 
 いきなり、開始4分のセットプレーで失点、以後は韓国に終始押し込まれる展開。
 カレンのワン・トップはさっぱり機能せず、押し込まれた状態では、トップと中盤に間ができて、精度のあるボールが出るはずも無い。たまーにカレンにボールが届くが、これが下手でボールをキープできない。カレンって大丈夫?
 

 このまま前半は何とか踏みとどまる。

 後半は、日本も全体的に修正が効いてか、それとも韓国がやや気を緩めたかどうかは、ハッキリしないが日本の攻めもつながるようになる。
 
 20分、左からの速いクロスにカレンが反応、見事な空振りのヘディングにかすりもしなかったボールが、慌てた韓国DFの見事なヘディング・シュートを誘発し、同点に…。そこの流れは悪くはなかったが、結果はOG。
 
 その後は、やや日本の良いところもあったが、韓国のシュートがクロスバーをたたく不運(幸運)もあり、そのまま終了。
 反町も言うように延長だったら、負けていた。
 
 とにかく、ボールへの詰めが甘く、玉際の弱さが目立つ、コンビネーションは日がなかった事もあり、しょうがないトコロもあるかも知れないが、全体的に気迫と迫力が不足した内容だった。
 
 さすが韓国はゴールデン・エイジと呼ばれる世代、かなり強そうだ。第二戦東京での踏ん張りが望まれるぞU21!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中