愛媛FC今シーズン初勝利

 3月3日に今年もJはスタートしていたわけであるが、J1は昨シーズンの浦和のリーグ優勝を機に距離を置くことに。

 で、J2の愛媛FCを中心に見ていきたかったのであるが、なんと開幕戦の四国ダービー徳島戦に敗れ、続くホームの東京V戦にも大敗と、惨憺たる内容でスタートしてしまった。
 そんなこともあって、J開幕おめでとう記事が書けないでいたのであるが、昨日アウェーの鳥栖戦で見事なカウンターで遂に勝利をあげた。よかった。

 愛媛FCも今期は、特に中盤より前の選手が新加入となり、メンバーを見ると新チームになった感がある。そのうえ地元出身の選手の割合もぐっと減って寂しい限りである。
 もちろん弱いよりは、強いほうがいいに決まっているのだが、J1に上がって中位以上で安定できるような経済的基盤が今後もできるとはちょっと思えない。そういった面から考えると現実的なラインは、J2の上の下での安定だろう。

 こうなると、スペインのA.ビルバオのように地元関連主義を打ち出して、若手選手の育成と地元出身選手の最終プレイチームとしての色合いを濃く出してはどうだろうか?
 鳥栖・湘南などは、若手育成路線をとって身の丈戦略のようだしね。

 まあ、とにかく下位安定はちょっと困るので、徳島共々四国のサッカーの底上げのためにもがんばって欲しい。
 次戦は、ホームでさらに下位の水戸戦となるので、連勝をして欲しいぞ!
 
 あっ、それから「なでしこ」女子W杯出場おめでとう!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中