U22、かなり楽になった、でも物足りない…

 本日のオリンピック2次予選のシリア戦(もちろんTV観戦)、客席には空席も目立つありさま。まあ、Weekdayの試合であるため多少はやむを得ないところもあるが…。

 でだしはやや差し込まれたが、わりと早い時間に家長のドリブルからの見事なミドルで先制。
 その後も(ここは見ていないが)FKからの平山のヘッドが炸裂して、前半のうちに2点をリードする気持ち的にも楽な展開になった。

 後半もこの勢いに乗って、3点ぐらい炸裂してくれると確信して、作業をしていた。一段落したので、TVの前に戻ると点数はそのまま、けっこう攻めているようなのだがゴールが生まれない。
 ゴールへ向かう気持ちは感じる内容で、悪くはない展開なのではあるが、如何せんゴールに結びつかない。ゴール前での気迫が足りないのか…。

 相手のパスカットからフリーなった平山が抜け出して本日2点目のゴール。よかった、これで次戦のアウェーゲームがかなり楽になった。さすがに、「今日の収穫は勝ったということだけ」ということはなかろう。

 でも、何だか物足りない感じが残るU22である。そう思うのは私だけか…?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中