隆慶一郎「見知らぬ海へ」読了

mishiranu umihe スケジュールが破綻しかかっている仕事がうまく進まない、そのうえ企画提出が来週ありとなっているのだが、少し遅れた夏休みを1日だけとる予定にしていたことも重なって、週末と今日まで引き続き作業となった。
 明日、明後日と3月に行った網代へ行く予定。なんとか目先のものは片付いた…。

 そんなところであるが、金曜の夜に隆慶一郎「見知らぬ海へ」(講談社文庫)を読み終えた。隆慶一郎の作品は、ほとんど読んだつもりだったのだが、以外と残っている。これもそのうちのひとつ。
 さらに「捨て童子・松平忠輝」と大作「影武者徳川家康」が控えている。どちらも古書店で比較的安価で出ているようになったので、そろそろかな…。

 で、時代背景は武田家の末期から秀吉が派遣を握らんとする戦国末期、戦の中だるみ中に城を抜け出して釣りをしたばっかりに、父と義兄を失った向井正綱の物語。そして、「花と火の帝」同様未完である。

 正綱は、以後「魚釣り侍」と揶揄されるようになるが、その子供のようなストレートな性格と無謀とも見える作戦で、戦を生き抜く。
 やがて、父と義兄を討った徳川の水軍の長にまで上りつめる。
 正綱のキャラクターがすがすがしく、気持ち良い。ここまで、こだわることはこだわり、割り切るところは割り切る、なかなかここまでの人間はいない。

 宿敵北条水軍との戦いを終え、時代は徐々に新しい秩序に向かう中、イギリス人ウイリアム・アダムスと出会い、いよいよ見知らぬ海へというところで、残念ながら先が書かれることなく終っている。
 正綱だけでなく、アシスト役の海坊主、本多作左衛門など、なかなか脇のキャラクターも魅力的である。先がないのが誠に残念、これまた他の隆作品同様、体制に与しない人々の物語であることに違いがない。

 次は、出たばっかりほやほやのM. コナリーの『終決者たち』へ進行中。

 ところで、首位決戦まっただ中の阪神、今日も中日に手痛い敗戦となってしまった。明日からの読売との甲子園決戦で一気に決めていきたいな!頼むぞ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中