F.P.ウィルスン「マンハッタンの戦慄」<上><下>読了

The Tomb 昨晩は、ホットカーペットの上で不覚にも眠ってしまった、30分前後の時間だったと思うのだが、慌てて寝室へ。しかし、現実は厳しかった。軽く風邪気味である。ここのところグッと冷え込んできたので気をつけなくては…

 昨日も遠方への打ち合わせ帰りの電車の中で、F.P.ウィルスン「マンハッタンの戦慄」<><>(扶桑社ミステリー)を読み終えた。それ以外にも松本清張も読み終えているのであるが、とりあえずこちらを先に。
 2冊セットで駅前の○ook Offでゲット。前から気になっていたのであるが、縁がなくて全然読んでいなかった。数年前は古書店でよく見かけたような気もするのだが、意識して探すと無いものである。何やら不思議な気がする(本当は、「ナイト・ワールド」を読みたかったんだけどね)。

 この2冊、カバーのイメージがちょっと違う気がするのであるが、上下の版数が違うことからデザイン変更が行われたのであろうか?ちぐはぐなのは、デザインが悪いからなのかも知れないが…。

 ちなみにこれは、「始末屋ジャック」シリーズの第一作目。以後4作(?)ほど翻訳されてるみたいである。

 さて、中身はオモテで処理できない様々な仕事を請け負う一匹狼ジャックが遭遇する闇との戦いを描いたもののようである。以後の作品を読んでいないので、全体を覆う世界観は不明ながら、どうやらH.P.ラブクラフトの作品に代表されるパルプ・マガジンの怪奇小説の世界観からの影響が大きいようである。
 それはそれで、学生時代から独身時代にかけて結構入れ込んで読んでた世界なんだけどね。

 で、今回ジャックが請け負ったお仕事は、元彼女の親戚の老女を探すことと、片腕のインド人外交官の身内の老女が奪われたネックレスを探し出すことのダブルブッキング。
 とりあえず実入りの良いネックレス探しからとり掛かるが、百戦錬磨のジャックは軽〜くクリア。

 もう一つの仕事にとり掛かるのであるが、そこここに片腕インド人外交官クサム・バクティが現れる。何やら元彼女の元夫(ややこしい)の一族ウエストファーレン家とバクティには関係があるようである。
 そのうちバクティの妖艶な妹まで現れて…。

 老女の行方は不明のままその妹が行方不明に…、やがて彼女らを連れ去ったのが、クサムが操る古代インドの怪物(おおっ、これがクトゥールー神話の一環か!)ラコシだと判る。
 何ゆえクサムは、ウエストファーレン家を狙うのか、ジャックはどうやって「ラコシ」たちと戦うのか、もう理屈を超えた世界に突入しているのだが、なかなか羽目を外しきらない安定感(ぶっ飛びすぎないということね)。

 「ラコシ」が何ものかがわかってからは、アクションモード、所々に挟まれる英国統治時代のお話も効果的(もっとあってもよかった)で、なかなかの試合巧者ぶりである。トータルとしてかなり楽しめた。

 とりあえず、次なる目標ができたな。ところで、宝島の「このミス」が本日発売に、1位は…おっとそれは言わない約束でしょっ!

広告

F.P.ウィルスン「マンハッタンの戦慄」<上><下>読了」への2件のフィードバック

  1. 息子がネットゲームでパソコンを占領していて、パソコンが使えずご無沙汰してしまった。まとめ読みをするとなんとも盛りだくさんな内容で楽しめました。特に横浜グルメ紀行でのホテルのエピソードはちょっとした勘違いが不条理な結果をもたらす恣意的なもので興味深いものでした。もちろん中華料理の紹介も、らしいものでかのお店を訪ねてみたくなりました。横浜にはたびたび仕事で行っていましたが、中華街は一度しかいったことがなく表通りを流して適当に入ってしまった記憶があります。裏通りの子汚い?お店こそ中華街の真髄ではないのか!?機会があれば是非。
    前置きが長くなってしまった。学生時代に進められて読んだ創元のラブクラフト全集の中に広がる世界観には同様にはまっていたのでそそられます。ミステリーではなく冒険小説てきなものをローテーションにいれて、頭を切り替えつつ読書を楽しみたいモードなのでおすすめがあれば教えてください。
    現在Mスレイドに挑戦中です。最初にトライしたのが「暫首人の復讐」です。読み始めて、アレアレこれは順番を間違えたのに気が付いた。気を取り直して読み続けるが一向にペースが上がらない、カナダという国の地理感覚がなく、入り込めないのである。それと前作が気になって・・・。次の週に前作も借りてきてしまった。グーグルで地図を確認してイメージ膨らませて再開します。

  2. ksbigchance

    久しぶりですね。ご無沙汰はそうゆう理由だったんですね。

    本当に横浜のホテルの件は参りましたよ。仕切り直しにもう一度横浜へいこうかと話してます。
    年末に向けて、何を読むか悩んでます。週末は家でゆっくりしようと思うので、近所の古書店を覗いてみようかと思ってます。
    スレイドは、創元推理文庫のものが作品としては古く、文春文庫が新しいです。参考まで

    いよいよ本格的に寒い季節となってきました。身体には十分気をつけましょう(笑)。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中