東アジア選手権中国戦

 毎日毎日同じようにきつい日が続く。その他ちょっとショックなことがあったりで、かなり精神的にも参ってきている。体力的には若い頃の方が無理が利いたのでしんどい時期もあったが、今は精神的にもかなりすり減って、ストレスは溜るばかりである。
 思わず友人のtelさんにケータイ・グチメールを送ってしまった。申し訳ないです。
 そして、今日もこんな時間である。

 で、話は変わって第2期岡田ジャパンである。東アジア選手権中国戦は、完全アウェイのなか何とか1-0で勝利。初戦の北朝鮮戦がひやひやの引き分け(見ていない)で、このカードで国内組の真価が問われる一戦(?)であった。
 仕事中で、終始の観戦は出来なかったが、運良く得点シーンと後半の後半を見てしまった。

 確かに、かなり北朝鮮人の主審のジャッジは怪しい部分があった。「赤旗の笛?」ともいえるジャッジではあるが、これに不満をいってみてもどうにもならないだろう。

 ただ、中国のプレーは後半になるとかなり危険なものが目立っていたので、イエローを出してはいたが、安田(彼は完全なドロップキックを胸から脇腹に受けてタンかで運ばれた)他のケガが気になる。

 6万の大観衆の後押しの中、中国の激しい攻めをしのぎきって勝ったことは、経験としては得るものがあったかも知れない。ただ、中国の裏をねらったパスにズルズルとDFラインが下ってしまい。なんどかひやっとする場面も見かけた。
 もちろん、ペナルティ・エリア周辺の組立などいつものように物足りなさも感じた。
 岡ちゃん、狭い地域でパスを繋いで世界を驚かせるのは、今のパスのスピードと精度ではちょっと厳しいね。

 これで、永遠のライバル韓国との一騎打ちということになった。韓国もここまで1勝1分けだが、総得点で有利な立場である。韓国戦に勝利することが出来れば、かなり自身につながるんではなかろうか…。
 次戦の勝利を期待したい。まあ、何事も負けや引き分けよりは勝ちが良い。

 さてさて、仕事のトンネルどこで抜けられるのか…出口の光はまだ見えてこない。ホントにつらいよ。

広告

2 thoughts on “東アジア選手権中国戦

  1. yy 22/02/2008 / 03:32

    サッカーネタなので、久しぶりにコメントします。たしかにパススピードと精度を上げないと世界では通用しないよね。プレミアをみたあとで、日本の試合をみると決定的に違うのはパススピードだし、精度も高い。まあクラブチームと比較するのは酷だけど、アーセナルのようにパスが回ってスピードのあるパスサッカーを目指して欲しい。いつも言われる決定力の問題もあるけどね。守備については、サイドバックの問題かなと思う。攻撃的にいくぶん、スペースが出来て使われる。ヨーロッパの一流のサイドバックは攻撃だけではなく、とんでもない運動量とスピードでスペースをカバーするので、凄いの一語。まだまだそこには人材が足りないかな。内田君と安田君に期待ってとこかな。
    いい面をみると、鈴木啓太の成長振りはたくましさを感じます。前までは「好きなプレイヤーはソリンです。」と言っていて長髪にしていたが、髪もばっさり切りまるでガットゥーソのようなプレー振りで安心感があるし、パスも出せるようになった。クラブワールドカップでミランと対戦してガットゥーソになっちゃたかな。そしてもうひとつは、いまや代表に欠くことのできない中村憲剛の成長かな。北朝鮮戦は欠場だったので、中半の構成力が落ちていた。ボランチの位置でプレーしていた中国戦はまるでピルロかと思わせる輝きを放っていた。
    あとはプレッシューのきついゴール前で精度の高いパス出しやシュートが打てるかです。韓国戦頑張ってももらいましょう。

  2. ksbigchance 22/02/2008 / 10:22

    yyさん、本当に久しぶりですね。遅い時間(早い時間?)の書き込みありがとう。忙しそうですね。

    やっぱり、代表ですから勝って欲しいし、見れば、自分なりに良いところ、悪いところ…という見方になってしまいますね。
    冷静になれば、たかがサッカーとも思ってしまう今日この頃です。
    まあ、今日の韓国戦が充実した戦いであることを祈ってます。

    読書は、このバタバタのなかで思うように進ま内状況ですが、一両日中には次を読み終えそうなのでこの土日には、書けるかも知れません。
    とはいえ、仕事になりそうですが…。

    歳のことはあまり書きたくないのですが、さすがに諸々がきつくなってきました。
    最近も少し先輩の社長が会社を畳んでしまったり、数年前にはその人と同年代のお世話になっていた社長が倒れたりと…
    そんな歳に日々近づいていることを痛感する日々です。
    そんなこんあんで、お互い身体だけは十分注意しましょう。

    ところで、ケータイを替えましたので今まで使えなかったケータイメールが使えますので、そちらのケータイアドレスをメールして下さい。
    (間違ってもここには書かないで下さい。笑)よろしく。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中