和牛の話

 久しぶりにサイエンスネタである。このはなしが厳密にサイエンスネタかどうかは、読む方の判断に委ねるとして…。
 本日の朝日新聞日曜版に和牛について特集があった。

 内容は、日本の牛肉のあの「霜降り」具合は、遺伝子に組み込まれているということ。そして日本に牛はもともといなかった(ちょっとビックリ、知らんかった!)ということ。
 いやいや、牛は農耕が本格的に始まった頃に大陸からもたらされたのでは…ということらしい。そして、山口県の萩市沖の見島の見島牛と鹿児島のこれまた島である口之島の口之島牛が、日本古来の牛の姿を残しているとのこと。

 また、和牛以外の牛は、同じように飼育しても筋肉の間に和牛のように脂肪が形成されにくく、いわゆる「霜降り」の状態になりにくいのだとか。

 これは、和牛の遺伝子の中にいわゆる「霜降り」を形成する因子があることに由来するのである。
 そして、上記の牛、特に見島牛にはその傾向が強いとのこと。

 まあ、あの柔らかさや蕩け具合は、好き嫌いの領域でもあるのだが(個人的にはしゃぶしゃぶ、すき焼きはいいけど、焼き肉・ステーキは多少歯ごたえがあったほうが好みではある)、コービー・ブライアンとの父親をも魅了した神戸牛である。ある意味、和牛は世界一の肉を持つ牛。
 蕩けるような牛肉は、日本の風土が生んだともいえるのである。

 なかなかに興味深い記事であった(記憶で書いているので細かいところ間違っているかも知れないが、それは許されたし)。

 忙しいのであまり書けないと思っていたのであるが、気晴らしもあって(読んでいただく方には申し訳ないが)、吐き出すように書いている。
 まあ、そんなこともあったのか…などと思い返すためにも書いているので、良かろうが悪かろうが、なるべく書いていこうと決意(笑)もあらたにしているところである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中