Feel “Feel” + Size14 “Size14”

Feel + Size14 思うように行かないな、今朝も3時過ぎまで、そして今日も午後から今まで作業。まだあるのだが、先日の踏ん張りで少し余裕が出来たと書いたが、そのおかげで明日は完全にオフにするつもり(そうしないとちょっと集中力が続かない状態になってしまった)。

 そして、いよいよJリーグも開幕。全然見れないけど…。ラグビーの日本選手権も準決勝。さらに内藤のポンサクレックとのタイトルマッチと、今日はスポーツが目白押し。
 
 で、もうシゴトに集中できなくなったのできりあげることにして、ここのところのゲットCDを書いておこう。
 Feelの”Feel“(2002)とLinus of Hollywoodのケビンの以前のバンドSize14の唯一のアルバム”Size 14“(1997)である。
 どちらもAmazon usで中古を購入。どちらも送料700円プラスアルファのお手ごろ価格。

 まずは、Feel。正直まったく知りませんでした…ゴメン。Amazon usで「それ買った人は他にこんなのも」というので、出てきたもの。いやはや、こうして買い出すとキリがなくなるぞ、自分!これがなかなかよろしい。

 バンドの中心はScot Saxなる人物。WebによるとWanderlustというバンドで活動を開始、1996年にはThe Whoのオープニング・アクトをしたとのこと(?)。Wanderlustでも数枚アルバムがでている。ある意味ベテランなのかも…。
 その後、2001年にFeelを結成したようである。

 さて、中身は腰の据わったバランスの良いPop Rockアルバム。Scotのソングライターとしての力量が発揮された好作品。ストレートな肩に力の入らないが、サビでちょっとフックのある好いメロディーを書いてくれている。
 サウンドは、特に流行を追うことのないしっかりした音づくりがなされていて、アメリカン・ロックのおおらかさみたいな部分もありながら、メロディがグッと来るよね…、ってな感じ。

 70年代後半の洋楽全盛の頃のPop Rockの香りがするちょっと懐かしささえ感じさせる。ルックスはちょっと垢抜けないが、メロディーは絶品。バンドの演奏もちゃんとしてる。ジャケットはわかりにくいが、白にエンボス処理がしてあって、ちょっと渋め。
 これ以外にもFeelとして2枚のアルバムを出しているのだが、とりあえず廃盤か?
 ScotのソロアルバムがNot Lameからでているようなので、ちょっと気になっている(埋もれてるねぇ〜)。

 もう一枚は、Popの王道をいく、Linus of HollywoodことKevin DotsonのSize14のSize14。これは、凄まじく弾けるPop Punk、Pop Grangeともいえるような疾走感。
 もう、タイトなリズムに乗って鼻にかかったKevinのVo.とカッティングギターが突き進む。こんなのありかよ!!とにかく突き抜けるように弾ける。

 サウンドとしてはLinus of HollywoodのSoft Rock路線とはちょっと落差があるのであるが、メロディーはなるほど…と思わせる。とにかくキュートでPop一色なアルバム。女性Vo.だったらアヴリル・ラヴィーン?になりそうなほどである。
 ちなみに、KevinはPintSizeなる女性Vo.の同じようなバンドもやっていたようで、これがまったくそんなものだったりする。

 Size14は長身のKevinの靴のサイズだろうなということは想像に難くない。でかい足だなまったくよ。中身には関係ないけどね。

 とりあえず、明日はゆっくりするつもり。さあ、来週で終らせたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中