いつの時代だ?Brent Cash “How Will I Know If I’m Awake”

Brent Cash この週末の予定としては、Jellyfishがらみの何枚かのCDを…と思っていたのだが、これが意外にたくさんあるうえに、先に書いた出張予定の変更で気持ちがめげてしまったこともあり、Brent Cash “How Will I Know If I’m Awake“の1枚だけということにした。

 これは、本来前回の3枚と一緒か、気になっているHoosiersのアルバムをゲットしてから一緒にしたかったのが…。タイミングが悪くHoosiersがゲットできないことと、先日、’60sマニアな職場の人に貸していたのが帰ってきたこともあって、緊急登板となった訳である。

 もちろん、前回の3枚と同様新譜、新録のばりばり。新宿の●ower Recordの試聴で聴いてからの購入であるので、大きく冒険をしたわけではない。同時に購入は前回の3枚のうちのLightspeed Championを除く2枚。

 これが、前回の3枚に輪をかけて’60sサウンドなのである。知らずに聴くとこれはその頃の録音か!と耳を疑いたくなるほどなのだ。
 発売は、The Pearlfishersなどでネオアコもので定評のあるドイツのMarinaレーベルから。
 しかし、Brent本人は、U.S.はジョージア州アセンズ出身?らしい。作詞作曲からアレンジ、プロデュース、その上ほとんどの楽器演奏までのマルチぶり。

 そして、そのサウンドとは…、一聴してBrian Wilsonの影が濃い。何人ものミュージシャンがクレジットされてはいるが、基本的にはスタジオでBrentが作り上げたと思われるところからも、B.Wilsonの存在なくしてはこのアルバムはなかったろうと思わせる内容だ。
 メロディーは甘酸っぱく、ハートウォーミングなコーラス、日だまりのようなストリングスと、完全にタイムスリップ状態。

 本人のmy spaceにはRoger Nichols、Bacharach、Wilson、McCartney、Monkeesの文字が並んでいる。さらにGetz/Gilberto、Sergio Mendesまで、こいつは一体いくつなんじゃ…?
 メロディ、アレンジと本当に良くできたSoft Rockアルバムである。まあ、その辺がお好きならだまされたと思って…というほどである。上記のmy spaceで、何曲か聴くことが出来るので、是非お試しあれ。

広告

いつの時代だ?Brent Cash “How Will I Know If I’m Awake”」への2件のフィードバック

  1. お久しぶりです。特に気に入ったというわけでもないのですが、
    こうして新しいアーティストを新しい方法(my space)で聴かせてもらったことが
    楽しかったのでお便りしました。
    前回の小説家のも見ました。
    またいろいろ紹介してください。

  2. ksbigchance

    久しぶりです。元気ですか?
    完全に我がモノサシで書いているので、世の評価とか、時期とか、「そんなの関係無い」って感じで書いてます。
    ここのところCDについては、結構クセの無いストレートなPopなモノばかりです。

    仕事は、納品も終ってなんとかひと息つきました。
    いつも最後は同じですが、身体には気をつけてということで…。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中