昨日に引き続き脱力…それはタイガース

 昨日もBook Offの件で脱力の日となったが、本日も引き続き脱力の日となった。
 その原因は、阪神タイガースだ。オリンピックから始まった失速から立ち直ることなく今日まできてしまった。

 いや、まだ今の時点では負けが決まった訳ではない(試合中であるが、このままでは3連敗が決定的である)が、かなりきついい。読売に3連敗となってもまだペナントが終わった訳でもない、気合いを入れ直してほしいところではあるが…。
 
 この辺りの状態は昨年同様で、相手チームの阪神の投手リレーなどに対する対応と慣れ、一線級ピチャーの投入に加え、選手たちの疲労の蓄積が原因と考えられるのだが、いかがか…?好事魔多しとはこのことだな。

 そのうえ読売は、当然これでなければおかしいという、本来のチーム力が発揮されて、どのチームも打つ手がないといった状態だ。いまさらこれはないだろうと言いたくなるほどだ。
 まったくお手上げ、金本がHRを一本や二本打ったところで何の足しにもならない。あきれてしまう。
 強い読売は、倒すべき相手として必要不可欠な存在悪であるが、こんな風に100%の力でこられた日には、お手上げだ。

 残りの試合にかすかな希望を託しながらも、日本プロ野球界に明るい明日はあるのかと、暗澹たる思いである。いやはや…。

広告

昨日に引き続き脱力…それはタイガース」への2件のフィードバック

  1. ご無沙汰してしまいました。とにかくPCの前に座るとネット通販にかかりきりになってしまった。もはや中毒状態です。何とかおちついたので、ペンを執りました。いやキーボードをたたきました。タイガースは恐れていたことが現実となってしまった。やはり先発投手の問題です。軸になるエース不在で、よくこの投手力で勝っているなとは思っていたが、正念場になると絶対的な存在がいないとつらい。もはや歯止めが利きません。この流れを変えるにはもはや新井の復帰しかありません。10月8日とかいう話を聞いたけど、ペナント優勝は無理かな。とっても残念だけど・・・。

  2. stilllife

    久しぶりです。
    我がタイガースは、それなりにやっていると思います。確かに先発陣がやや頼りないといった感は否めませんが、よくここまで持ちこたえているといえるでしょう。
    読売は、書いた通り本来の力を発揮している状態と考えられます。これに勝ることは、通常の場合不可能といえます。
    当然のように読売に比較的相性のよかった広島さえ本日のような状態です。もはや為す術は…。
    冷静に判断して、今後セ・リーグのタイガースをのぞく4球団が、今の読売に勝てると思えるでしょうか?
    あるとしてもそれは読売のミスがらみということになるでしょう。
    タイガースには最終的に読売の上にいて欲しいですが…。
    もともと、クライマックス・シリーズは私の中では意味を持っていません。あってもなくてもどちらでもいいものです。日本シリーズはおまけです。なくてもかまいません。
    ペナント・レースで読売の上にいることが、すべてといっても過言ではない。

    そんなところで、よろしくです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中