確かに昔あったnetBook

 風邪は未だに完治せず、鼻と喉がいまだにすっきりしないまま。本日は自宅作業でなんとか少しだけ進んだ感じ…。

 ここのところ、不況風吹くパソコン販売であったが、夏のHP2133をかわきりにmini note PC、別名Netbookが市場をにぎわせている。
 業界の救世主ともいえる状況、かくいう当方も気になっているシロモノであるのだが…、なんとなくどれも最終決断にいたる決定打を欠いているのが現状だ。

 そんななか、TechCrunchに気になる記事を見つけてしまった。
 おおっ、その昔Psion(Symbian OSの母体となった?)に確かにnetBookというPDA(いや、ハンドヘルドPCか)が存在していた。この記事を書いた記者同様、当方もPsion Revoを使っていた(その最上位機種のNetbookは、画面も大きくてちょっとあこがれたものだ)。
 モノクロ液晶ながらサクサクと軽快に動作する気持ちのよいPDAで、製造中止になったので予備にもう1台購入していたほどである。

 残念ながら、ネット接続が56Kのモデムということで数年前に現役を退かせてしまったが、スケジュール/住所録/青空文庫リーダ/支出管理などネットのことを忘れてしまえば十分なものなのだが…残念だ。
 特に、開くとスライドする画面と小さいながら打ちやすいキーボードにはえも言われぬ愛着があった。

 個人的には、更なる発展を願っていたのだが、Psion自体があえなくコンシューマ市場から手を引いてしまった今となっては、懐かしさだけが残るのみ、いやいまもデスクの後ろの段ボールの中に潜んでいる。

 いま、ad esを使う身であるが、つくづくあの軽快な動作とキーボードの感触が忘れられない。
 この記事の記者の書く通り、Psionの現実は厳しい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中