勝つには勝ったが…

 第2次岡田ジャパン、ホームのバーレーン戦、結果は1−0で勝つは勝ったが…。
 なんともストレスのたまる内容、いつものようにシュート不足、決定力不足以前の問題。どういうメンタリティなのか…理解に苦しむ毎度毎度の展開。

 ゴール等いらない、俺たちのスペクタクルなプレーを存分に見てくれ!と言わんばかりのプレーぶり。見ているこちらは、パス等いらないゴールが欲しい。なんともイライラがつのる。

 前半終了後は、後半キックオフまでケーブルの「犬神家の一族」にチャンネルチェンジ、戻した瞬間、俊介のゴールが生まれる。あ〜、見逃さずに済んだ…。

 その後は、内田のバーをたたく惜しいシュートがあったが、前半よりはゴールへ向かう気持ちがあったような感じはあるが…結局1点だけ。
 あげくの長谷部のゆるゆる交代と田中達也のゆるゆる交代で達也がイエローをもらう始末。結果としての勝利だが、いろんな意味で後味が悪く、ストレスがたまった。

 次は、ばっちり気持ちのいいサッカーを願いたいものだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中