Pro Trek PRW-1000J購入

PhotoTrackr Lite どうしても必要というわけではなかったが、新しい腕時計を買ってしまった。買ってしまったといっても決して衝動買いというわけでもない。
 この春のサッカー合宿が雨だったこともあり、レフリーをしながら雨中で使用した約19年もののALBAの内部にかすかに浸水、気温が上がると曇りが発生するようになっていたのである。
 まあ、最近の気温の上昇を受けてどうやらその水分も抜けていたようではあるが…。

 今後のことも(仕事やら遊びやらことも含めて)考えて普段遣いの腕時計を買っとくかな…となった。
 機種選定については、当初は一般的なヘビーデューディ性とお手ごろな値段を意識してG-Shockかなと思いネットで調べて見ると…もっと色々機能がついているものだと思っていたが、思いのほか機能が少ない。
 どうせ同じくらいの金額を出すのならと、さらに調査を進めた結果、同じCASIOのPro Trekが本格ヘビーデューティなシリーズであることが分り、そちらでいくことにした。
 欲しかった機能は使うか使わないかは別として気温計、高度計、方位計の3機能、そして価格は2万円以下、あとは売り場で説明を聴くことにした。

 で、昼前に吉祥寺へ向かい、まずは閉店の決まった伊○丹のレストラン街で久しぶりの豚カツを食して、ヨドバ○へ。2Fの腕時計売り場内CASIOコーナーへ到着。
 一応、G-Shockもざっと眺めて見るが、やっぱり違う。となりのPro Trekコーナーのケース内の3sensorモデルを眺めて見る。PRG-40SJが14700円なり。これで…と思ったが、その隣にひとまわり大きな19800円のPRW-1000Jというのがあるではないか。

 そこで、店員さんに聴いてみた、店員曰く「こちらはソーラー電波時計なんですよ。だから時間合わせも電池交換も不要です」。なるほど、確かにそれはいいかもと思っていると、さらに畳み込むように「Pro Trekは機密性が高いので電池交換が高価なので、最終的に値段は変わらなくなりますよ」と来た。

 そういわれてこちらも「ハイハイ」とはいかないぞ、「ところで電池ってどれくらい持つの…?」、そして、店員の答えは…「こういったタイプは機能が豊富なので、その使い方によってまちまちなんですよね」、というわけで、それらの情報を考慮してPRW-1000Jにすることにした。

 見かけはごっつく、いままで使ったこともないタイプの腕時計ではあるが、小物としてはちょっと面白いかも知れない。今後どんな風に使えるのか、ある意味楽しみである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中