夜の来ないNZの夏

Tekapo NZで昨日から本格的に仕事が始まっている。もちろん冬を迎えている日本とは正反対に夏を迎えようとしているNZであるが、昨日までの季候は出かける前の日本とほとんど変わらぬ初冬な感じ。
 しかし、本日は打って変わって爽やかな初夏、さらに日差しがきつく紫外線たっぷりでサングラスと日焼け止めがないと大変なことになるらしい。

 で、写真は昨日かなりな寒さの中、テカポ湖を見下ろすMt.John天文台からの風景。なんとこれが、夜の9時前の状態なのである。緯度が高いこともあって、日没が9時前後、本格的に暗くなるのが10時過ぎ。
 我々の仕事はどちらかというと明るい時間が長いほうがありがたいのであるが…今回の仕事では、夜間の暗い状態が欲しい。なんとも恨めしい限りである。

 本日も先ほど(1時過ぎ)まで現場作業、明日も同様なパターンなので、ちょいと厳しい状態である。
 現実離れした風景と欲しくても手に入れられない暗さになんとも調子を狂わされるここ数日といったところである。さらに続く日々がどうなるのかは大いに不安である。

 まあ、取りあえずは前進あるのみだ(でもキツイ)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中