久しぶりのボッシュ「エコー・パーク」とその前の読了本

echo park いやはやここのところ書き出しはこれ…異常とも思えるほどの寒暖の差が繰り返す、まったく身体がついていかない。体調はイマイチ、どこがというより鼻と全体がスッキリしない状態が続いている。
 何とかならんかなぁ。

 昨日は汗ばむほどの陽気のなか名古屋へ出張。昼に連れていてもらったうどん屋さんのうどんの味が濃くて、ちょっと合わなかった。これから何回か行きそうなのでちょっと困った。
 そんななか、待望のマイクル・コナリーのボッシュ・シリーズ最新刊「エコー・パーク」<><>(講談社文庫)を読了。もちろん、新刊にて購入、他のものを差し置いて手を付けたのであった。
 それと、1週間ほど前に読み終えていたシオドア・スタージョンの「輝く断片」(河出書房新社)も書いておかねば…である。

 まずは、M.コナリー「エコー・パーク」から、いや上下巻ながら、とにかくページをめくらせる、一気に読み終えてしまった。本作の前にボッシュものではない「リンカーン弁護士」を挟んで約2年半ぶりのボッシュとの再開である。
 やっぱりボッシュはボッシュだった。評価によっては最高作との声さえある。

 LAのエコー・パーク地区で職質された男の車から発見されたのは、殺された女性二人の身体の一部。その容疑者が死刑を免れるため司法取引をのぞんでおり、その取引のネタの9件の殺人事件の中に、ボッシュが13年間負い続けてきた事件も含まれていた。
 担当検事から呼び出され容疑者を尋問するが…その男が自分の事件の真犯人だとは思えないボッシュであったが、男は死体の場所を案内するという。

 いよいよ、一行が現場へ赴くのであるが、飛んでもないことがおこる。容疑者が銃を奪い発砲し、逃走してしまう。そのとき、ボッシュのパートナー、ライダー刑事が撃たれてしまう。どうなるライダー!!
 この件で、自宅待機となるのだが、逃げた男が若い女性をさらってしまう。ただでさえ大人しくしているボッシュではないが、今回もFBIの女性捜査官レイチェルとともに、さらなる捜査を開始するのであった。

 13年間ボッシュを苦しめてきた事件に解決は訪れるのか…。今回もLA警察・司法の闇が事件の裏に見え隠れする。当然のごとく目の前の事件の解決のあとに訪れるもう一つのフィナーレ。
 本作がシリーズ最高作かどうかは、好みもあり個人的には100%賛成でもないのではあるが、前作を上回る読みごたえ。すでに、次作が待ち遠しい。

 翻訳の古澤氏によれば、本シリーズさえ出版不況のあおりで次作の予定さえ立っていないとのこと。旧作を読まずとも十分に楽しめますので、まずは本作から少しでも多くの方にボッシュワールドにハマってもらいたいものである。

kagayakudanpen.jpg さて、もう一冊のT.スタージョン「輝く断片」。こちらは河出書房新社の奇想コレクションと銘打たれたシリーズ、運良く数カ月前にBook ○ffで700円だったかでゲット。
 この奇想コレクションは、ちょっと不思議な味わいの短編を作家別に日本独自で編集したものだ。

 スタージョンは、「人間以上」や「夢見る宝石」で人気のあったSF作家、この短編集もジャンルとしてはSFになると思われるが、ミステリの色合いを持つ作品も収録されている。
 もともとSFといっても科学理論バリバリのハードSFの人ではなく、ファンタジーというか幻想的な不思議さが持ち味、このシリーズに最適の作家で、他に2冊出ているほどである。

 全体にちょっとばかしクセのある作品が収められている。前半の「取り替え子」、「ミドリザルとの情事」などは、個人的には?がついたりしたこともあって、すこし手間取った感があったが、後半の「マエストロを殺せ」、「ルウェリンの犯罪」、「輝く断片」は、巻き返すかのようにグイグイと読み進めることができた。

 特に音楽小説ともいえる「マエストロを殺せ」は、個人的には一番のお気に入りである。なかなかにパンチの効いたサイコ・ミュージック・ミステリ?だ。
 どなたにもオモシロイといってお奨めすることはできないが、奇妙な味わいを体験されたい方は是非。

 さて、現在はジョン・ハート「ラスト・チャイルド」に進行中。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中