ロックの日の昨日HMV渋谷の閉店発表に思う

 5月末のサッカー合宿以来、なんとなくBlogの更新も疎かになってしまっていたが、今月も気がつけば、はや10日。当然のことながら昨日は6月9日で、“ロックの日”とされている(実に日本らしい)。

 そんな“ロックの日”にちょこっとばかし残念なニュースが飛び込んできた。そう、HMV渋谷が8月に閉店するとのことである。それなりに音楽に入れ込んでいる当方としては、新しい音楽をゲットする手段をひとつ失う事になることは間違いないところだ。

 昨年の半ばまでは、新宿のHMVとTowerのどちらともなく、いや欧州方面はHMV、US方面はTowerという感じになっていたのだが、昨年末からHMVに絞る方向にしたつもりが、新宿のタカシマヤ店が閉店。やむなく時間がある時に渋谷へということになっていた。

 そして、今回の事態である。まったく萎みゆく音楽パッケージ業界ということになるのだろうか…。世の中CDなどのパッケージは不要だという流れも分からないではないが、われわれオヤヂの世代は、トータル・アートとしてのレコード(CD)に多少なりともこだわりを持っていることもあって、CDというパッケージは残って欲しいところである。

 まあ、CDが完成された音楽パッケージかどうか、そのザイズ・素材・音質等々考えさせられる面がないでもない。最近、欧米のアーティストたちの中にはアナログ盤を出して、あわせて高音質の音源をDLさせるという新手の手法も登場している。かく言う当方も一度は、アナログ盤の新規購入をやめた人間であるが、ここのところのその流れに強く引き寄せられている次第だ。

 ネットでDLというだけでなく、パッケージそのものもネットを通じて購入可能なわけで、当方もずいぶんな枚数を通販、オークションで購入してきている。それでも、新たな情報の入手先としてのリアル・CDショップは消えては欲しくない大切な存在だと思っている。よりよい音楽、より面白い音楽をみなに聞いて欲しいと頑張っているバイヤーや店員さんたちの心意気も個人的には大切にしたいところである。

 そんなこんなで、“ロックの日”にちなんで書いてみたりした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中