やっぱりW杯は見てしまうよな

 昨日は悩んだ末、仏-ウルグアイ戦を見た。結果はスコアレスドローだったが、本大会の真剣勝負はやっぱりオモシロイ。
 これで、グループAは混戦の色合いが強まった。これまた興味深い。

 今日の第一弾は、韓国-ギリシャ戦、韓国史上最強と呼ばれる韓国チームというだけあって積極的にボールに絡む。先制はFKからだったが、追加点は、先日の日本戦のリプレイを見るようなパク・チソンのボール奪取からのシュートで2-0の勝利。
 ヨーロッパ・チャンピオンのギリシャは、とても本調子と言えるような状態ではなさそうであったのが少し残念である。 チャンピオンぶりを発揮するギリシャから勝利をもぎ取る韓国を見たかった気もする。

 お次のアルゼンチン-ナイジェリアは、CKからのゴールで先制したアルゼンチンが、身体能力を遺憾なき発揮するナイジェリアを押さえて勝利。メッシは光るプレーを随所に見せてくれたが、残念ながらゴールはなし。優勝候補との呼び声もあるが、この試合を見る限りもうひとやま越えねばならない感じ。

 グループBは、韓国が精神的に一番楽な状態になったんではないだろうか…。勝点4が勝ち上がり最低ラインといわれるグループ・リーグ、次戦のアルゼンチン戦に勝ちを狙って積極的に戦えるぞ。アルゼンチンにも余裕はない。
 ギリシャ-ナイジェリア戦は、こりゃ死闘必至という状態、やっぱり本大会はしびれるね。

 で、あと1時間弱で英-米戦だが…さすがに今日は寝ることにしようとは思っているのだが…。見てしまうのだろうか…。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中