W杯で睡眠不足、気がつけば野菜のBabyが…

20100627_1.jpg 昨晩のトーナメント第一戦、韓国-ウルグアイ戦も一発勝負のトーナメントらしいいい試合だった。
 開始して10分も経たないうちに、韓国のパスミスを高い位置でカットしたフォルランから右のスアレスに渡るというウルグアイのシンプルなカウンターであっさりゴール。どうも前半は、韓国の動きはイマイチだった。

 後半は韓国もアジアNo.1としての意地もあったのか、中盤の支配率を上げて攻めに精彩を出しはじめる。そして23分、FKをDFがはじいたところにイ・チョンヨンが飛び込んで頭でゴール。その後も攻め立てるが、パラグアイの堅守はぐずせなかった。

 そのうえ、後半35分にはスアレスのエリア左でのバックステップから中へ切り込んでのこれまでで大会No1のシュートで万事休す。韓国は、前半のらしくない動きが残念な試合、それ以上にウルグアイの巧さが光った。
 そのあとのUSA-ガーナ戦は、開始したのを見て意識をなくし、気がついたら終了の瞬間。延長でのいい試合だったみたいなのに…。

 という慢性睡眠不足なW杯期間であるが、ベランダの植物たちがぐんぐん成長中、一昨日ゴーヤにはじめて小さな実が一つ、写真は本日の姿。なんとなくゴーヤらしいイボが見える。まさしくゴーヤの赤ちゃんである。
 このままうまく大きくなって欲しい。

20100627_2.jpg そして今日、ミニトマトの花が終わったところを見てたところ、こちらにも小さな緑の丸いものが3つほどついているではないか!

 全部で4株あるミニトマトの3株に1cmほどの緑の実がついている。ミニトマトはいよいよ本格的な実りの時期に突入といった感じである。茎の高さは50cm、太さは1.5cm程もある、このミニトマトの成長はすさまじい、2週間ほどで3倍ほどの大きさまでなった。

 こちらもこのまま順調に育って欲しい。そのほかの植物も順調に成長中。先週に張ったネットにゴーヤ、ヘチマのほとんどが蔓を伸ばし、アサガオも葉は良く繁っていたが高さがなかったのだが、ここのところの暑さにつられてか、順調にベランダの手すりに巻き付いている。
 さらに一番成長のはやかったフウセンカズラは、もう立派な実をつけている。

 去年は、グリーンカーテンがやや薄く、グリーンレースカーテンってな感じだったが、今年はゴーヤ、ヘチマでグリーンを濃くできればと狙っている。さて、本格的な成長の季節でどうなるか…楽しみだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中