O.ペチェ『首斬り人の娘』(ポケミス)読了。

Love Me Do

一昨日の晩にO.ペチェ『首斬り人の娘』(ポケミス)読了。

中世暗黒時代のドイツの田舎町が舞台、少年が殺され、その体に残された印から産婆が魔女として捕らえられる。

真犯人にせまるのは、処刑吏と新米中途半端医者。この処刑吏のキャラクターがいい。

さらに盲信と迷信に覆われた中世の田舎町の姿が絶妙。

4部作となるらしいので、今後が楽しみだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中