天才とは、なるのではなく、生まれてくるのだと痛感

Hiroshige_Pola

 原宿の太田記念美術館で開催中の『歌川広重「月に雁」-花鳥風月の美』へ。
 連休の最中とあって原宿・表参道はかなりの人出(実は大したこと無いのかもしれないが、よくわからんが、いっぱいに見えた)…。太田記念美術館は、原宿のどまんなかながらひっそり、こじんまりとしていい感じ。

 今回の展示は、おなじみの『月に雁』のほか、季節の風物を描いた版画を中心に肉筆画や画帳や版画の指示書(画稿)が見られる。

 とくに、彼が10歳の時に描いた『琉球人来貢図巻』は、とても10歳の手になるものと思えない。ピカソといい広重といい天才とは、なるのではなく、生まれてくるのだと痛感。よかった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中