伝説の酒まんじゅう

高橋の酒まんじゅう

 日曜、サッカー合宿から戻ったら喉が痛くなった。風邪かと思っていたが、首の筋もおかしい。それが原因で喉も…。

 しかし、今日になっても一向に治まらないので、医者で見てもらったら…喉は炎症を起こしているようで、ウィルスかなんかにやられたようだ。 一方、首すじの痛みは?
 とりあえず、炎症を抑える薬と抗生物質をもらって、様子見。

 で、この話とは全然関係ないのだが、昨日、連れ合いが出かけたついでに、ブルータスの「あんこ」特集でも取り上げられた荻窪の「高橋の酒まんじゅう」を買ってきた。
 
土日など午前中に売り切れるほどで、買おうと思ってもほとんど手に入らない?「幻もの」である。

 皮は薄いが歯ごたえもあり、口に入れた瞬間に酒の香り広がり、その後に、仄かな皮の甘さを邪魔しない控えめなこし餡甘さがやってくる。確かに美味い。

  このまんじゅう一品だけで商売しているだけある。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中