追悼・大滝詠一

A LONG VACATION

 大瀧詠一が亡くなった。
 11月に
細野さんが、「そろそろ新作を…」 と声を書けていたとのこと。

 この世紀の名盤 “A LONG VACATION”このアルバムが出たのは、大学に入った年。鬼の様に売れ、鬼のようにラジオから流れた。

 同い年の連れ合いは、アルバム収録のすべての曲を今だに口ずさめるほど聴きこんでいた。当方は、その歌詞の世界に気恥ずかしさからくる違和感を感じながら、洗練されたサウンドに衝撃を受けたものだ。

 りんごを喉につまらせたことが、きっかけだったとか…、こんなこと書いては何なのだが、それさえも洗練というか…お洒落というか…。

 さきほどつれ合いと一緒に追悼再生を行い、その安らかな眠りを祈らせてもらった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中