喜国雅彦『本棚探偵 最後の挨拶』(双葉社)読了。

Goodbye_Bookshelf_detective
 昨日、喜国雅彦『本棚探偵 最後の挨拶』を読み終える。
 図書カードを使って買ったことをTweetしたら、喜国さんから返信を頂いてしまった。無いとは思うが、次作があって覚えていたら、あとがきに書きてくれるとのこと。

 内容は毎度のことながら、探偵小説・古本好きには、たまらないバカバカしいけど楽しい「本棚探偵」シリーズの最終作。

 さすがに4作目ともなると、新なネタばかりでもなく多少、新鮮さと装丁の新機軸はない。
 とはいえ、まったくこの本の中に登場するマニア(書痴?)の方々には、呆れるのであるが、それはそれで羨ましいと感じる。

 多分、 喜国さんは何らか次を書くんだろうけど、コチラの希望は最終章の「黒函紙魚の会」は、次回のシリーズ化か…。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中