M.コナリー『ナイン・ドラゴンズ』読了

Nine Dragons  ここのところ少しづつ読書ペースが上がってきている。
 昨日読み終えたのが、マイクル・コナリーのボッシュ・サーガ。日本で前作『死角』2010年なので、ちょっと久しぶりとなる。

 今回は、タイトルからも想像される通り、ロサンゼルスの中華系裏社会と香港がからむ。そして香港にすむボッシュの元妻と娘が事件に巻き込まれていく。
 本作でボッシュは、大きな大きなものを背負うことになる。

 今回もいつものように終わったと思ったらの二段おちが待っている。そして、「リンカーン弁護士 ハラー」もゲスト?出演。

 香港は以外だったが、ページを捲らせる。はずさない、さすがコナリー。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中