XTC “Skylarking” 聴き比べ

Skylarking  ここのところの土曜の朝一番の恒例行事、それは洗濯。  洗濯をすませて一息ついたので、最近巷で話題のXTCの極性適正化バージョンCDに便乗?して、2010年に出ていた高音質・重量盤アナログ(45rpm2枚組)を引っ張りだしてきたぞ。

 そして、オリジナルのアナログ盤と改めて聴き比べてみた。まあ、当然新バージョンのほうが音が良いに決まっているのだが、もうその違いは明らか。
 団子になってしまって、ぼんやりしている旧盤とは違い、とにかく個々の楽器がはっきりして、音が前に出てくる。
 
 明日、ちょっと仕事があるので午後帰ったら、今度は旧バージョンのCD(手前の小さなジャケット)ともくらべてみることにしよう。

 そうそう、新バージョンのジャケットについては…表は女性、裏は男性、ちょっと強烈。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中