D.フリードマン『もう年はとれない』読了

Dont_ever_get_old_Pola 今週も基本的に引きこもりの週末。とっておいた『このミス2015年版』海外部門第5位のD.フリードマン『もう年はとれない』を読了。

なんと主人公は87歳のじじい、とはいえ元殺人課の刑事である。このじじいが、戦時中の捕虜時代に痛めつけられたナチス将校の行方と金塊を追うお話。
ワトソン役は、大学生の孫と357マグナム。

 こう書いただけで、主役のイメージはC.イーストウッドか…映画化の話もあるとか。
重さもなくテンポもよく展開、ライトに楽しめる。フリードマンのデビュー作で各所では高評価。当方はまあまあ、少し物足りない気もする。
本国では、シリーズ第2作もでているとのこと。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中