久しぶりの新譜CDだ!

This_month_CDs_Pola.png たまには新譜を買ってはいるが、今年に入ってほとんど中古だったので、ちょっと時間に余裕のあった6月は久しぶりに新譜CDを購入。

まずは、出たてホヤホヤのMika”No Place in Heaven“。
レバノン出身の21世紀のPopプリンス、さらに見かけも麗しいバイセクシャルアーティスト。
日本のユニバーサルミュージックの公式ページでは、「世界で1,000万枚のアルバムセールスを誇る“ミラクル・ポップ・プリンス”」となっとる。
2007年、”Grace Kelly”を含むデビューアルバムが世界で大ヒット、その後もきらめくサウンドと極上のメロディーの2枚のPopアルバムを発表。3年ぶりの”ミラクル・ポップ・アルバム”は、これまでの“ミラクル・ポップ”路線を更に推し進めた、極めて完成度が高い傑作Popアルバム。
きらめくサウンド・プロダクション、並べられた曲のバランス、どこを切ってもMikaと言わんばかり。1曲めの”Talk About You”は、そのうち何かのCMに使われそうな…。

お次は、The KinksのR.DavisとEnoのお墨付き、箱庭サウンドのマエストロ、ニック・ヘミングのプロジェクトThe Leisure Societyの”The Fine Art of Hanging On”、2年おきに春になるとロンドンから届く4枚目の音楽の挨拶状。
必要最小限の音(音数が少ないわけではない)で、綿密に計算して作り上げられた英国ポップ・アルバム。これまで同様、Davis BrothersのKonk Studioでの録音、絶妙のアレンジとプロダクションワーク。
本当に英国Popの真髄、聴けば聴くほど味の出るスルメアルバム。ジャケットもハードカバーでこれまでと同じアート・ディレクションでいい感じ。

3枚目は、カリフォルニア在住のSSW、Mikal Croninの3rd.”MCIII”。
たまたま、Towerの秋葉原の店頭で聴いた2nd.がツボにはまったのでゲットしたのが、知ったきっかけ。まだ1st.と以前のバンド仲間Ty Segallとのアルバムは聴いていない。
2nd.のサウンドを受け継いだちょっと大仰な、いやゴージャスな?フォーク・サイケ・ロック、前作よりもさらにストリングスなどの音が厚くなった感じ。カリフォルニア在住という割には、青い空というよりは曇り空といったところ。

最後は、ちょっと古め2013年発表のノルウェイのバンド、Kakkmaddafakkaの2nd.”Six months is a long time“。プロデュースは前作(未聴)同様Kings of Convenience(未聴)のErlend Øye。
Cell奏者がいるという変わり種5人編成のPost Rockなのだが、クラシックぽいとか、プログレっぽいとかは皆無。
さらに北欧出身とは思えないトロピカルで脳天気でキャッチーなサウンドとメロディーだ、参ったか!という感じでVampire Weekendを彷彿とさせる。
怪しいバンド名ととともにどこへ行くかわからないサウンドのナックルボーラーの登場だ。

唯一買っていた音楽雑誌Strange Daysの購入も止めてしまったが、やっぱり音楽への興味は変わらない。たまには新しいのも買わないとね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中