今回の大雨、小説世界がリアルに

今回の大雨の被害はすさまじい。まるで、あの時の津波の被害を彷彿とさせる。
今朝までの降り続き様は、あたかもJ.G.バラードの『沈んだ世界』か、しりあがり寿の『方舟』みたいだった。

昨今の気象変動具合は、そんなフィクションの世界を一気にリアルなものにしてしまった感ありで、その現実に恐怖している。
『沈んだ世界』を読みなおす時期なのか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中