P.ルメートル『悲しみのイレーヌ』(文春文庫)を読了

 今日は、昼間に荻窪の回転寿司へ(笑)意外や意外、リーズナブルで思ったよりもうまかった。

ところで、先週のうちにP.ルメートル『悲しみのイレーヌ』(文春文庫)を読了。年末から年度末にかけてのバタバタで読書エンジンは出力不足でスピードダウン中。
本作も思いのほか時間がかかってしまって、作品自体のテンポを体感できないままになってしまった。
とはいえ、内容は文句し。まあ、『アレックス』を読んでいるので分かってしまっている部分もあったり、なんとなくコイツじゃね…と思ってしまったりするのであるが、過去のミステリーに対する思いも盛り込まれて、ニンマリしたりする。

できれば『アレックス』より本作を先に読むことをお薦めする。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中