J.トンプソン『血の極点』(集英社文庫)読了

先日、古書店でゲットしたJ.トンプソン『血の極点』(集英社文庫)を読了。

フィンランド警察カリ・ヴァーラシリーズの最終巻。最終巻と書いたが、話が終わったわけではない。トンプソンが急死したためこれが最終となった次第である。

今回も弱きを助け、法の隙間と敵の弱みを突いた攻めでフィンランド社会の悪を挫くヴァーラたちであった。
ただ前作までの流れを引き継ぐ展開が長い。今回のお話がなかなか始まらない、そのうえ解決までが思いの外タンパクなので物足りない。

ゆくづく、いよいよヴァーラが警察官として本格的に法で裁けないヤカラを切りまくる立場になって…というところで次作がのぞめないのが残念。

広告

Van der Graaf Generator “Do Not Disturb” アナログ版UKから到着

DoNotDisturb_LP

7月にUKのBurningshedにプレオーダーしていたVan der Graaf Generatorの新譜”Do Not Disturb”アナログ盤が、金曜に到着。
9月27日に発送したとのめーるがあり、発売日(9月30日)から遅れること1週間での到着となった。もう少しかかるかな…と思っていたが、嬉しい誤算。
CDとアナログ盤のどちらにするか悩んだが、今回はアナログとした。しか〜し、なんとCD盤に選べ、”Forever Falling” “Shikata Ga Nai”の2曲少ない内容で少し残念な気もする。

アナログ、CDのどちらがメンバーの目指した形なのかが不明のため、アナログで良しとする。それに未収録2曲はすでにYou Tubeにて確認済み。

昨晩、デジタイズ実行したが、DL103のカートリッジとシェル周りのアースがきちんとしてないようでノイズがのっていた。
カートリッジセットをMC10に変えて再デジタイズ、サウンドはいつもながら力強くかつ繊細。どの曲もVdGGにしか出せないサウンドで唯一無二の音世界、恐るべきロック爺3人組は未だ健在、VdGGのGGはロック爺のGGか(笑)。