本年初釣行…寒かった

 土曜は連れ合いとの予定が有り、午後から出かけたが…なんと日付を間違えていて当選した試写会は先週であったというドツボ。
 しかし、実はそれほど見たくもなかった…いや、できれば見たくなかったので正直なところほっとした。
 その映画のタイトルはここでは控えさせていただくことにしたい。

 そして、昨日の本年初釣行。参加者は、MH君とKK君、何となくFish on ○留に釣場は決定、我が家を5時半過ぎに出て、釣場には7時過ぎ頃到着か…(時計を忘れたので時間はそんな感じ)。
 気温は0℃を少し下回ったところか、天気予報によると日中は7℃程になるとか…。
 例年この時期は、雪がそここに残っているのだが、今年は日陰にかすかに凍ったものを見る程度。

続きを読む

2010年初釣行決定

 先週はあまりの寒さゆえ初釣行を断念。寒さだけの問題ではなく、釣り場までの道の凍結も危険との判断もありの断念であった。
 次がいつになるかの見通しが立たないこともあり、今回のお誘いには是非もので参加の意気込みである。

 それでも今晩は少し冷え込んできているので、日曜の冷え込みと風が心配ではあるが、ここは気合をいれて寒さを吹き飛ばしたい。
 とはいえ、無理は禁物だ。無理せず、寒さを含めた自然との対話を楽しみたいものだ。

 一昨年、昨年と2〜3回しか釣行できなかったので、今年は1回でも多く行ければな〜と思っているのだが…。

お誘いはあったものの…

 昨日やっと一つ仕事が片づいた。まあ、こんなに時間がかかるような内容ではなかったのだが、とにかく打ち合わせの回数が多くて、物事がなかなか進まなかたったのである。
 何はともあれ一つはおわった…と前向きに考えるようにしよう(まだまだバタバタは続く)。

 そんななか、週末の管釣り釣行のお誘いがあったのであるが、自宅作業もあるし、このところのバタバタで何ということもないが、連れ合いと過ごす時間も大切なので、釣行は見送り(KK君、HM君、明日は天気悪いかもね、気をつけて)。
 このままでは、来年にならないとゆっくりと釣りを楽しめそうにない感じである。

 まあ、前回の釣行のあとタイイングも道具の手入れもできない状態なので、釣りのためにじっくりと腰を据えて時間がとれるようになるまで雌伏の時間ということになるな。
 
 しかし、来年の春は仕事があるのだろうか…このご時世それも少なからず心配になる今日この頃である。

久しぶりの釣行ははや上がり

Narago 雨で中止となった電車釣行を取り返すべく、日曜は釣行を決行。天候は午後からは雨との予報で、朝7時すぎの出発時からやや重い曇り空。
 今回は、K.K君の参加もあって車があるの、電車釣行をしなくてすむのがうれしい。

 K.K君と相談して、ウェーダーのないS.T君に合わせ奈○子釣りセンターを選択。現地への到着は9時前か…。思ったよりも釣り人は少ない。
 早速、奈○子池でニジマスを数尾ヒットさせ、川へ。修練の場で同様にニジマスを数尾追加して、渓流部へ。
 魚は、沈んでいて動きは少ない。ドライにはまったく反応なし。とりあえず上流へ向かいながら投げて見るが、さっぱり。
 結局、昼前にはヤマメ池でチャレンジするが、出るのはニジマス。再び奈○子池へもどると、いつものようにニジマスが、入れ食いに近い状態。

続きを読む

2009年最初の釣行はリヴァスポ早戸

Narago 本日は、腰痛も少し治まって来たので、MT君と本年第1回の釣行を敢行した。MT君も膝が不調ということもあって、無理をしないでゆったりと…ということでリヴァースポット早戸に決定。

 昨日の陽気から一転、ちょっと冷え込んだ朝となったが、5時半前に我が家を出発、現地には7時頃到着。昨晩から打ち合わせた通り、装備を軽くできるルアーではじめることにした。
 なんとはっきりとは覚えていないが、5年ぶりぐらいのルアー。なんだかうまくいかない、ねらって投げてもそこへ飛んでくれない。

続きを読む

やっとこさ奈良子釣行、あるいはPhotoTrackrとGPSレーダ

Narago 前回の釣行がいつだったかも忘れてしまいそうなくらい久しぶりの釣行だ。
 今回は、そこそこ釣果が期待できてウェーダーを履かなくても大丈夫、その上緑のトンネルで涼が味わえる格好の管釣り奈良子フィッシングセンターへ。
 同行はKK君、MH君の2名(おつかれさま、KK君、運転ありがとう)。

 朝7時前にMH君宅を出発。高速にのって中央道に入る前でいきなり渋滞発生。このまま行くか下道を行くか思案のしどころとなったが、並走していた山梨の観光バスの動向を見て下道を選択。結果、奈良子到着は9時過ぎとなった。
 天気は、曇りでやや蒸し暑い。

続きを読む

やっとこさ巻いたぞ

 先ほど、久しぶりにタイイングを実行、いつものエルクへア・カディスとストーンフライパターンを5〜6個ほど巻いてみた。
 バイスに取り付けたフックに眼の焦点が…。この前巻いた時はそれほどでもなかったような気がするのだが…、寄る年波には勝てないということだろうか。

 頑張って見たものの集中力の限界、そのうえ近々釣行の予定は今のところない。それもタイイングのテンションを下げてしまった原因なのかも。
 とはいうものの、とにかくいくつか巻いておけば、いざというときに無いよりはましというものだ。
 どうせ、秋以降の管釣り釣行が中心、アントなどの夏パターンは不要。

 と、なんとなく淋しい気持ちになってしまった。思うように釣行できなかった昨年と今年ではあるが、できれば2回ぐらい行ければと思う今日この頃である。

 それもどうなることやら…先ほどから降り出した雨と雷が恨めしい8月の最終日であった。