凹んだ帰郷での自分への土産

NAGAOKA_CL-101_Pola 昨日までの帰郷は、気持ちが凹む日々だった。とりあえず、両親の身体が心配するほどでなかったので、自分の中で「すべて良し」ということにする。

実家に残された高校時代までのものをほじくっていたら、なんとレコードクリーナー、Nagaoka CL-101を発見。
クリーナー面もほとんどヘタりなく保存されていたので、スーツケースに入れて持ち帰って来た。
今のクリーナー(これも確かNagaoka製品)の予備として、その時が来れば存分に働いてくれるだろう。

広告

Macbook Pro late2008の延命

MacbookPro_late2008_Pola.png
通常ならそろそろ寿命ともいえる当方のMacbook Pro late2008。
とはいうもののメモリーもいっぱいの8GBだし、内蔵HDDも1TBにしてあるし、さらにPC Expressカードを使ってeSATAのHDが使えるしと、かなり補強を図ったマシンになっている。
このまま引退は、やっぱりもったいない。

そこで内蔵HDDをSSDに換装することにした。ネットで調べて安心して使えそうなTranscendの512GBを購入。

CCCを使ってシステムをクローニング、無事に起動。
ちなみにリンク速度は3Gビット、起動時間も2分以上かかっていたのが、ログイン画面までで30秒ほど、さらに10秒かからずといったところ。

その後は、とろく引っかかる感じだったが、キビキビと動いている。
しかし、念願のUSB3.0化は現状では実現できず。

それでも2万数千円での延命は、そこそこリーズナブルといえるかも。
6年半も前のIT機器が、SSDに変えることでそれなりに生き残れるというのは、テクノロジーの進化というのは、ある種不思議な感じがするな…。
やはり、そこそこの高スペックなマシンのほうが、結果的に安上がり、ということなのか?

実はこのマシン、ヤフオクで10万円でゲットしたものなのだった…。

月刊Stereo誌付録のスピーカー

Speaker_Kit_Pola.png

 月刊Stereo誌の付録にFostexのスピーカーがついていた。合わせてONTOMO MOOKに自作用エンクロージュア・キットが付録に。  Quoカードを使ってこの2冊を買って、気分転換に工作してみることにした。やってみると、あっさり出来上がった。

 ところが、ウチのオーディオシステムのアンプは、スピーカは2系統つなげるが、切り替えができないことに気がついてしまった。
 一応、鳴るかどうか確認したが、立派に鳴ってくれた。それで、居間のテレビ用にと思ったが、これまたアンプが必要なので、最近流行りのデジタルのミニ・アンプを探しに秋葉原へ行ったが、怪しくなって、風も吹きはじめたので、開けっ放しの窓が心配で目的を果たさずに引き上げ。

 駅から家までの中間すぎで遂にゲリラ豪雨につかまった。自転車だったので身体が前面はずぶ濡れに。
 開けたままの窓だったが、被害が出る前に戻れた。結局、雨の気配に急ぎ帰宅で、目的は果たせず。

 出来上がったスピーカーは2Wayなので、電解コンデンサもついている、これをいいのに変えると、音も良くなるとか、それは今後の楽しみにとっておくことにした。

ガスファンヒーター到着

Gas_fan_heater_Pola

 今 ここに来て少しづつではあるが朝晩冷え込みが…。ということで先週東京ガスのガス展とやらに行ってみた。

 そこで、エアコンよりも低コストなファンヒーターを確認、値段はガス展価格で5万円程度が37,800円になるとか。
 そんなこんなで木造に引っ越したこともあり思い切って今回ガスファンヒーターを導入することとし、一応ネットでも価格を確認してみたが、東京ガスに商品提供しているノーリツのモデルは、なんと17,000円ほどで売られていた。
 東京ガスでもいいかな…と思っていたが、この値付けは一体何だったのだろう。

 昨日到着。点けてみるとやっぱり暖かい。

久しぶりにPhotoTrackr liteのこと

MyTracks.jpg 先日の玉川上水散策で久しぶりにPhoto Trackr liteを出動させてみた。なかなか紆余曲折あったPhoto Trackr liteであったが、写真のExif Tag付けよりも散歩のログを集めるのにもっぱら使用している。
 これは写真をあまり撮らないということが第一の理由なのであるが…。

 で、先日のLogをとり出そうとGisteq社の専用ソフトを立ち上げてLogをDLし、GPXフォーマットで保存。さらにこれを歩いた行程の距離と高度を確認するため高度データをビジュアル化してくれるMyTracksというソフトを起動した。
 するとヴァージョンのアップデートがあったようでアラートが表示されたので、無条件にアップロードして再起動。

 ヴァージョンが上がったこともあって、ひょっとすると(この時点ではほとんど期待をしていなかった)Photo Trackrがサポートされてたりして、と試してみる。なんと驚き上の画像のGPSリストのグレーになっている部分に名前があるではないかっ!
 個人的に専用ソフトの使い勝手に不満があったので、こちらへのシフトも考えている。ただ、使用しているMapデータがイマイチという弱点はないでもないが…。

 とはいえ900円程度なので、さっさとレジストしてしまった。また機会があれば使用感など書いてみたいが、何時になることやらである。

Kenwood M1GC7の昇天とMG-F508購入

MG_F508 さて、ついでに当方の音楽用日々のお供KenwoodのDAP、M1GC7の昇天と新お供MG-F508についても書いておくことにしよう。
 先週の木曜のことである、新しく購入したCDをリッピングし帰りの電車で気持ちよく聴いて帰宅。そのあと読書のお供に音楽でも聴きながらと思いM1GC7を起動…。

 ところがどっこい音楽は再生されるのだが、有機ELの標示に問題発生。なんと標示される文字がすべてベタホワイトになってしまって読むことができない。
 当然、操作をしようにも現状が判らないため何もできない。その場は音が聴ければよいと割り切って読書をして、翌日リカバリーを試みることに。

 で、翌日PCに接続してリカバリーを実行しようとしたのであるが、外部メモリとして認識はされるがM1GC7として接続ができない。これではお手上げ、全くもって打つ手がない。何回か手を変え品を替え接続を試みるが、やっぱりダメ。
 最近ゲットしたCD十数枚分のデータをもう一度選んで入れ直すのが面倒なので、 取りあえず中身をバックアップ。復旧をあきらめることにした。

続きを読む

PhotoTrackr Mac版アップデート

 気がついていたがご報告しないままでいたが、PhotoTrackr Mac版が4.7Gにアップデート。もちろん本家のJetPhoto Studioのアップデートに歩調を合わせたものである。
 以前は、Gisteqからお知らせのメールをもらったのだが、今回はたまたまアクセスして気がついた次第。

 大きな違いは起動画面のデザイン変更と使い勝手の向上か?実際のところかってがイイのかどうかはやや疑問。
 もともとlogを読み取るためだけに使っていたので、そのほかの機能が追加されているのかも知れないが、そこら辺は不明。LogのGPXへの書き出しは戸惑ってしまった。

 このソフトからしかPhotoTrackr liteのデータを抜き出せないのでしょうがないね。とりあえずご報告。