見よ、日本の印刷技術を。

 コイツはすごい!見よ、日本の印刷技術を。

 日本のお札に散りばめられた微小印刷も凄まじいのだが、今年の日本郵政の年賀状(全タイプではないみたい)のスタンプ部分の隠し?印刷も結構すごい。
 スキャナーで拡大スキャンしてなんとか読めるくらい。

 急いで確認せよ!

広告

鎌倉より帰還、ウチの初詣

  11時前に鎌倉より帰還、一休みして近くの神社へ初詣。

 雨の予想もあった天気だったが、2018年を迎える少し前から雲も晴れて放射冷却な年越しとなった。
 とは言え予想ほど寒さは厳しくなくて良かった。

 鶴岡八幡宮の本宮階段下で新年の到来を待つ方々。
 振り向いた本宮の扁額と迎春の飾り付け、このあとカウントダウンが始まる。

 こちらの初詣時には、日に当たるとポカポカするぐらい。
 いつもの阿佐ヶ谷神明宮、今度はウチの初詣。
 本日の予定終了。

ジャガイモ当選

 先ほど予定のない宅配便が届いた。
 何かと思えば、連れ合いがカルビーのポテチの懸賞に応募していたが、当選。その景品のジャガイモとカッティング・ボードが届けられた。

 昔はポテチなどほとんど食べなかったのだが、昨年から堅あげポテトがお気に入りで結構食べている。
 実は、昨年も同様の懸賞で当選しているのであった。

 連れ合いいわく、「アレだけ食べたから、当然かも…」。

杉並中央図書館の紅葉

 昨日、近くの杉並中央図書館へ本の返却に行った。
 その帰りに自転車置き場で振り返ると図書館のガラス壁に映った紅葉が見事だったので、写真を撮ってみた。

 その後、高円寺で食事をして戻ってきたら、強烈な腹痛に襲われた。
 その場所が右下腹だったので、虫垂炎(盲腸)か…と。

 1時間ほどして痛みは治まって、本日は特になんともない。何だったのだろう、少し弱っているのか?

健康診断異常なし

午前中、区の健康診断の結果の確認にかかりつけの医院へ。
結果は、いつもとほとんど変わりなく、問題の数値は特になし。
肩こりとか、股関節痛とかそんな不都合はあるものの、消化器・循環器系は、まずまず健康のようだ。

まあ、そろそろ色々不具合が出てもおかしくない年代になってきているので、できるだけ「ご自愛」を心がけよう。

衆議院解散しちまった。

こんな事書きたくないが、あまりにもひどい。
国民もバカにされたものだと思うが、これで小池都知事が衆議院選に出るのであれば、我々都民は存在していないも同然ということか…。
選挙は、選択のチャンスであるものなのに、その意味があるのだろうか?
政治は死んだ、合掌。

小酒井不木『疑問の黒枠』(河出文庫)読了

 小酒井不木『疑問の黒枠』(河出文庫)を一昨日、読了。

う〜む、正直しっくり来なかった。初期の探偵小説は、たいがい無理なプロットでもそれなりに楽しんで読めるのだが…。
何が合わなかったのか、文章がすんなり入ってこないままにラストを迎えてしまった。

お話は、ある富豪のニセ死亡広告が何者かによってだされる。それを受けてこの富豪は模擬葬式を行って、還暦と娘の結婚を祝おうとすのであった。
しか〜し、富豪は棺桶の中から出てくることはできなかった。
というような始まりで、娘がいなくなったり、富豪の婦人が病死したりと、面白くなりそうなバタバタが起きるのだが、大した厚さでもないのにページが進まず手間取った。

まあ、誰彼と奨めるような本でもないのでちょっと残念という結論。
お次は、M.コナリーの国内最新刊『ブラックボックス』(講談社文庫)下巻を侵攻中。

椅子のカバーの張り替え

 先ほどから小一時間凄まじい雷と雨。いわゆるゲリラ豪雨。

その前にへたってきた食卓の椅子のクッションの入れ替えとカバーの張り替えを実行。
3、4年前に今のにしたような気がする…(調べてみたら4年前の6月だった)。

今回はクッションを低反発の材質に変えたのでカッチリした座り心地になった感じ。

国立科学博物館「世界遺産 ラスコー展」

 一昨日上野の国立科学博物館「世界遺産 ラスコー展」へ。
日本側が制作したグラフィックは、あまりセンスが…。壁画そのものは、素晴らしい。

ついでに自分が関係した地球館B3Fの展示を観に行ってみる。20年ほど前の映像が上映方式こそ変わってはいるけど使われているのはうれしい限り。