Van der Graaf Generator “Do Not Disturb” アナログ版UKから到着

DoNotDisturb_LP

7月にUKのBurningshedにプレオーダーしていたVan der Graaf Generatorの新譜”Do Not Disturb”アナログ盤が、金曜に到着。
9月27日に発送したとのめーるがあり、発売日(9月30日)から遅れること1週間での到着となった。もう少しかかるかな…と思っていたが、嬉しい誤算。
CDとアナログ盤のどちらにするか悩んだが、今回はアナログとした。しか〜し、なんとCD盤に選べ、”Forever Falling” “Shikata Ga Nai”の2曲少ない内容で少し残念な気もする。

アナログ、CDのどちらがメンバーの目指した形なのかが不明のため、アナログで良しとする。それに未収録2曲はすでにYou Tubeにて確認済み。

昨晩、デジタイズ実行したが、DL103のカートリッジとシェル周りのアースがきちんとしてないようでノイズがのっていた。
カートリッジセットをMC10に変えて再デジタイズ、サウンドはいつもながら力強くかつ繊細。どの曲もVdGGにしか出せないサウンドで唯一無二の音世界、恐るべきロック爺3人組は未だ健在、VdGGのGGはロック爺のGGか(笑)。

広告

Music Airなるチャンネルが充実

 契約中のケーブルTVにMusic Airなるチャンネルがあるのだが、これがなかなかいい。
 これまで、視聴可能な音楽専門チャンネルは、Jpopやダンスミュージック中心で見る気にもならないものばかり…と思っていた。当然、視聴数が圧倒的にそちらのほうが多いと思われるのでしかたがないとおもっていた。

 たまたま昨日、チャンネル送りの途中にこのチャンネルでT.Monkの映像に遭遇、そのままその後のB.Evans、そしてFrank Zappaのドキュメンタリー(全部を見る元気はなかったが…)と充実の展開。
 これまでの音楽チャンネルでは考えられないラインナップ、スタンダードなジャズものはもちろんだが、Zappaはちょっとすごい。見入ってしまった。

 本日もマドンナのドキュメントはともかく、S.RollinsやらM.Roachやら…シブい。深夜あたりにはZeppの特集やCreamの再結成ライブ等々充実ぶりがタダ事ではない。

 ネットの番組表を見ると明日は、22時にBeatlesのUSAドキュメント、続いてKraft Werkのドキュメントとさらに明後日はThe Whoの特集と流行りモノだけではない番組が入っている。
 以前のようにムキになって深夜までという気持ちはないが、ちょっとばかし録画装置のないのが残念になった(録画してまでは見ないけど)。

 さすがにオッサン向けの音楽チャンネルも必要だということ気がついてもらったのはいい傾向かもしれない。

Jazzのアナログ盤のデジタイズ

Second Hand Analog Discs 先月、新宿西口広場の古書市でゲットしたJazzのアナログ盤のデジタイズを実施。
 とりあえずデジタイズだけはやったけど、スクラッチ・ノイズ(パチパチ)とヒス(シャー)の除去はまだ。もう少し落ち着いたらじっくりやりたい。

 Booker Littleのアルバムは、CDで持っているので焦る必要はないし、The Charles Mingus Jazz Workshopの「直立猿人」は超有名盤だし…。
 
 なかなか、アナログ盤をターンテーブルに載せて聴く機会が作れないのだけど、その時はとてもワクワクして愉しいものだ。そのたびごとに、痛感する。もっと聴かねば。

iOS用音楽プレーヤー”FANTABIT”が復活

FANTABIT ICON ハイレゾが騒がれる昨今ではあるが、手持ちのCDをMP3でリッピングしてきたので、1000枚を超えるリッピングのやり直しはちと辛い。とはいえ、できるだけいい音で音楽は楽しみたいのが人情である(かどうかはその人次第か?)。

当然、外出中もその気持に変わりはない。
その昔とはいっても2〜3年前なのだが、iOS用高音質音楽プレイヤーappにFANTABITというのがあった。
このappは、MP3化するなど圧縮されたフォーマットの音源を補完して再生するものだった。

当時のiTuneは、恐ろしいほどのペラペラの貧弱な音での再生しかできなかったため別にKenwoodのDAPを愛用していた。そんなところでFANTABITにであってiPhoneでの音楽鑑賞ができるようになったと喜んで800円で購入した。
まあ、再生中のバッテリーの消耗が大きいという弱点はあったが…。

そんなFANTABITが、iOS8になって完全に動作しなくなっていた。ふと思いついて、9.0.2にしたiPhone4sに入れ直してみたら…なんと動作してくれた。
さらに現在使っているVoxと聴き比べてみたが、やはりMP3の音源を聴く限りFANTABITが、艶、張り、繊細さなど明らかに良い。

まあ、一昔前のアンフラットなインターフェイスと色使い、使い勝手がイマイチなところはがまんして、久しぶりの復活である。

おすすめしたいAppではあるが、いまはApp Storeで取り扱いがないのであった。

CDを買わない理由は、「CDは高い」からだとさ。

クロ現代で「何故CDを買わないのですか?(何故給料払わないの)」と聞かれた奴「CDは高い(あんたに給料は不要)」。
じゃあ、いくらだったらと思ったが、タダじゃないと安いと感じないんだから…。カッコのように置き換えてみたら、どうだろう。

少ない小遣いで、迷って手にした一枚への思い入れは、コヤツらには欠片もあるまい。まして、分かるはずもないし、分かってほしくもないわ!ボケ!

そんなヤツラが音楽を聴くために月々980円とか払うのか…?ちょい疑問。

久しぶりの新譜CDだ!

This_month_CDs_Pola.png たまには新譜を買ってはいるが、今年に入ってほとんど中古だったので、ちょっと時間に余裕のあった6月は久しぶりに新譜CDを購入。

まずは、出たてホヤホヤのMika”No Place in Heaven“。
レバノン出身の21世紀のPopプリンス、さらに見かけも麗しいバイセクシャルアーティスト。
日本のユニバーサルミュージックの公式ページでは、「世界で1,000万枚のアルバムセールスを誇る“ミラクル・ポップ・プリンス”」となっとる。
2007年、”Grace Kelly”を含むデビューアルバムが世界で大ヒット、その後もきらめくサウンドと極上のメロディーの2枚のPopアルバムを発表。3年ぶりの”ミラクル・ポップ・アルバム”は、これまでの“ミラクル・ポップ”路線を更に推し進めた、極めて完成度が高い傑作Popアルバム。
きらめくサウンド・プロダクション、並べられた曲のバランス、どこを切ってもMikaと言わんばかり。1曲めの”Talk About You”は、そのうち何かのCMに使われそうな…。

お次は、The KinksのR.DavisとEnoのお墨付き、箱庭サウンドのマエストロ、ニック・ヘミングのプロジェクトThe Leisure Societyの”The Fine Art of Hanging On”、2年おきに春になるとロンドンから届く4枚目の音楽の挨拶状。
必要最小限の音(音数が少ないわけではない)で、綿密に計算して作り上げられた英国ポップ・アルバム。これまで同様、Davis BrothersのKonk Studioでの録音、絶妙のアレンジとプロダクションワーク。
本当に英国Popの真髄、聴けば聴くほど味の出るスルメアルバム。ジャケットもハードカバーでこれまでと同じアート・ディレクションでいい感じ。

3枚目は、カリフォルニア在住のSSW、Mikal Croninの3rd.”MCIII”。
たまたま、Towerの秋葉原の店頭で聴いた2nd.がツボにはまったのでゲットしたのが、知ったきっかけ。まだ1st.と以前のバンド仲間Ty Segallとのアルバムは聴いていない。
2nd.のサウンドを受け継いだちょっと大仰な、いやゴージャスな?フォーク・サイケ・ロック、前作よりもさらにストリングスなどの音が厚くなった感じ。カリフォルニア在住という割には、青い空というよりは曇り空といったところ。

最後は、ちょっと古め2013年発表のノルウェイのバンド、Kakkmaddafakkaの2nd.”Six months is a long time“。プロデュースは前作(未聴)同様Kings of Convenience(未聴)のErlend Øye。
Cell奏者がいるという変わり種5人編成のPost Rockなのだが、クラシックぽいとか、プログレっぽいとかは皆無。
さらに北欧出身とは思えないトロピカルで脳天気でキャッチーなサウンドとメロディーだ、参ったか!という感じでVampire Weekendを彷彿とさせる。
怪しいバンド名ととともにどこへ行くかわからないサウンドのナックルボーラーの登場だ。

唯一買っていた音楽雑誌Strange Daysの購入も止めてしまったが、やっぱり音楽への興味は変わらない。たまには新しいのも買わないとね。

定額制音楽配信ってどうなんだ

Appleが、少し遅れてきたが、いよいよ定額制音楽配信を始める。音楽ビジネスの世界もDLからこのスタイルに移行中のようだ。これはこれで世の中の流れというものだ。

ややマニアックで偏った趣味の音楽も今では、デジタル化され気軽に手に入れることができる、これもいいことだと思う。
ネットにアクセスすれば、好きなときに好きな音楽を聴くことができる、大変素晴らしい。

 当方は、DL方式で音楽を購入したことがないし、今後も定額制で音楽を聴くことはないだろう。
これまでアナログ・レコード、CDと物理的なメディアに収められた音楽を自分の手の中にすることで楽しんできた。
音楽そのものの価値は、どういう形で聴こうが変わることはないと思う(最近は消費され、消されてしまうようだけど)。
確かに最近では、その音楽をデジタイズしてDAPやiPhoneで聴く日々だが…。

とはいえ、定額制というのは、実際に好きな曲を「自分のもの」とした実感はあるのだろうか…?古いオッサンにはイマイチしっくりこない。

レコードもCDも場所を取るし、デジタルであればケースやジャケットといったものも不要で資源の節約と環境にも優しいといえばそうだ。しかし、音楽なんて実はもともと不可欠のものではないし、無駄といえば無駄。
それに魅力を感じるのが人間なら、無駄もあったっていい。

とりあえず、もうしばらくはメディアに収められた音楽が聴けるように願いたい。
まったく昔気質?のオッサンの戯言。