小酒井不木『疑問の黒枠』(河出文庫)読了

 小酒井不木『疑問の黒枠』(河出文庫)を一昨日、読了。

う〜む、正直しっくり来なかった。初期の探偵小説は、たいがい無理なプロットでもそれなりに楽しんで読めるのだが…。
何が合わなかったのか、文章がすんなり入ってこないままにラストを迎えてしまった。

お話は、ある富豪のニセ死亡広告が何者かによってだされる。それを受けてこの富豪は模擬葬式を行って、還暦と娘の結婚を祝おうとすのであった。
しか〜し、富豪は棺桶の中から出てくることはできなかった。
というような始まりで、娘がいなくなったり、富豪の婦人が病死したりと、面白くなりそうなバタバタが起きるのだが、大した厚さでもないのにページが進まず手間取った。

まあ、誰彼と奨めるような本でもないのでちょっと残念という結論。
お次は、M.コナリーの国内最新刊『ブラックボックス』(講談社文庫)下巻を侵攻中。

広告

酒見賢一『泣き虫弱虫 諸葛孔明 第伍部』(文藝春秋社)読了

 昨晩は、台風18号の影響でかなりの強風で窓の振動と風切音が明け方まで続いて睡眠が十分では無かったし、フェーン現象などでかなり暑い日となった。

ということとは関係なく昨日、酒見賢一『泣き虫弱虫 諸葛孔明 第伍部』(文藝春秋社)読了。シリーズもこれを持ってフィナーレ。

前回までに劉備・関羽・趙雲、曹操もこの世を去って、魏・呉・蜀もそれぞれの皇帝がたち『天下三分の計』が形に。
孔明は、最終目標に向かって南蛮征伐を実施、さらに魏を倒すために北伐へ。

そしてそして、「死せる孔明生ける仲達を走らす」という運命の五丈原をむかえるのであった。
孔明の死後も三国志はもう少し続くのであるが、この物語はここまで。
初巻からノリもよくテンポよく展開する酒見節は、あたかも格闘技中継を見るような読んで楽しいエンタテインメント。

第四部までは、文庫版も既刊。

椅子のカバーの張り替え

 先ほどから小一時間凄まじい雷と雨。いわゆるゲリラ豪雨。

その前にへたってきた食卓の椅子のクッションの入れ替えとカバーの張り替えを実行。
3、4年前に今のにしたような気がする…(調べてみたら4年前の6月だった)。

今回はクッションを低反発の材質に変えたのでカッチリした座り心地になった感じ。

ジョン・ハート「終わりなき道」(ハヤカワポケミス)と大下宇陀児「烙印」(探偵クラブ 国書刊行会)

 う〜、午後から左首のハリと偏頭痛でどんより。ちょっと落ち着いてきたかな。
 少し時間が経ったけど、ここ半月で読んだ2冊。

 ジョン・ハート「終わりなき道」(ハヤカワポケミス)と大下宇陀児「烙印」(探偵クラブ 国書刊行会)。
 「終わりなき道」は、刑事エリザベスがかかわった少女監禁事件と彼女の上司がやったとされる過去の殺人事件、その彼を敵として撃とうとした少年…そして刑務所の刑務所長ともう一杯いろんな事が絡んでややこしい展開に。
 このややこしさをどうまとめるのかとついついページをめくってしまう。
 そういう意味で読み応えはあるし、面白くないわけでもないが、やっぱり詰め込みすぎなのと無理くりな感じはしないでもない。

「烙印」は、それに比べると力を抜いて読める。この人はトリックとか、推理というよりも人物の心理を描写することに力を入れている。
作品ごとのバリエーションもあり、飽きずに愉しめた。
この2冊のあとここのところは、読書は一休み期に入っている。

土産は乃が美の高級「生」食パン

 神戸出張、最寄駅がJR芦屋駅ということで土産は乃が美の高級「生」食パンに決定。
 当方は知らないけど‥。
 同行の方曰く、早々に売り切れてしまうらしいが、今日はあったみたい。
 試食したらふわふわでほんのり甘いお味。

 写真は特に美味そうにも見えないけど、お楽しみは明朝だ。

ローラン・ビネ『HHhH』(東京創元社)読了

 発売は2013年で昨年入手済みも取り掛かることができ無いままになっていたローラン・ビネ『HHhH』(東京創元社)、久しぶりのノンフィクション。

タイトルのHHhHとは、Himmlers Hirn heiβt Heydrich(ヒムラーの頭脳はハイドリヒと呼ばれる)の頭文字。
ナチス時代に唯一暗殺されたナチス高官ラインハルト・ハイドリヒとその暗殺を実行した2人のチェコスロバキアの若者の物語。
ハイドリヒはユダヤ人虐殺の中心人物で「金髪の野獣」と恐れられていた。

事実関係を順を追って行くだけでなく、かなり作家の考えや思いが織り込まれてかかれているので、随所で気持ちを入れ直しながら読んでいく形になった。

映画「暁の七人」を観たくなった(なんか随分前に観たような気がしないでもないが…)。

Sgt.Peppers…の50周年

  Sgt.Peppers…の50周年、ということは様々なサイケデリックなアルバムの50周年でもあるということでもなかったのだが、おサイケのマイブームが再来しいる。
来年はThe Zombiesの”Odessey and Oracle”も50周年。もちろんそのCDはあるので、91年に出たThe Chrysanthemumsの幻のフルカバー”Odessey and Oracle”だ。
英国のNWバンドThe Deep Freeze MiceのAlanが中心であるが、脱力
ローファイなサウンドで大先輩に敬意を評したもの。
ジャケットのバンド名のHが後付けというのも、本家の”Odessey”スペル違いまで、パロディしてるのか!

その他、67〜70年頃のおサイケアルバムを入手。嵌まる。
左上から
The Astral Projection”Astral Scene”
The Love Machine”Electronic Music To Blow Your Mind By”とFLOWER POWER SITAR”RAJPUT & THE SEPOY MUTINY”のカップリングCD
Joe Byrd & The Field Hippies”American Metaphysical Circus”
Birmingham Sunday”A Message from Birmingham Sunday”
Morning Dewの5タイトル。

「ミステリー・レガシー:大下宇陀児 楠田匡介」(光文社文庫)読了。

 読書エンジンまずまず快調。
昨晩、「ミステリー・レガシー:大下宇陀児 楠田匡介」(光文社文庫)を読み終える。
光文社文庫のミステリー文学資料館が編集する年代物?ミステリーの企画もの。
大下宇陀児の「自殺を売った男」と楠田匡介「模型人形殺人事件」、2人の合作「執念」を収録。一応、レアな作品ということになっている。
「自殺を売った男」は、自殺し損なった今でいうハングレ男が巻き込まれた変な事件。主人公が麻薬中毒だったり、その嫁の行動力が半端なかったり…だれが探偵役なのか曖昧だったり。
「模型人形殺人事件」は密室ものなのだが、なんだかフォーカスが定まらないまま解決してしまった。
最後の「執念」が、タイトル通りのわかりやすい。

どれも昔のおおらかさでこちらもそんな気持ちで愉しむべし。

イアン・ランキン『寝た犬を起こすな』(ハヤカワ・ポケミス)読了

 〈リーバス警部シリーズ〉 の最新刊『寝た犬を起こすな』(ポケミス)を土曜に読み終えた。

再度の定年延長でシボーンが上司とななったリーバス。今回は、名士の娘や息子が絡んだ事故に始まり、リーバスが駆け出しの頃の捜査チームの不正?をもう一つのシリーズの主人公フォックスが追う。
まあ、派手さはないがスコットランドを含む英国の社会背景も絡む手堅いストーリー。

読書エンジン再始動でギアが入って一気読み。